ジュラシック 木澤。 【ジュラシック木澤】『仕事とトレーニングをいかに両立させるか』11月22日(土)筋トレセミナー

筋トレ好きの運送ドライバー募集

ジュラシック 木澤

木澤大祐 木澤大祐:1975年1月9日生 16歳からウェイトトレーニングを始め18歳でボディビルダーとして初ステージに立つ。 29歳で日本最高峰のボディビルコンテストである日本ボディビル選手権でファイナリストとなり現在に至るまでトップビルダーとして活躍中。 日本屈指の筋量を持つバルク派ビルダーとして「ジュラシック木澤」のニックネームで親しまれている。 20代から30代にかけての約15年間は、トップビルダーとしては異例の肉体労働とトレーニングの両立という過酷な条件のもとで競技生活を送る。 その姿は多くのサラリーマンビルダーの希望の道を開いてきた。 競技以外では全国各地でトレーニングセミナー・ダイエットセミナー・トレーナー向けセミナーなどを開催 ゴールドジム契約選手 / ゴールドジムトレーナー実技研修講師 月刊ボディビルディング連載執筆 【競技戦歴】• 2001年東海ボディビル選手権優勝• 2004年ジャパンオープン選手権優勝• 2007年日本選手権4位• 2014年・2015年・2019年日本クラス別選手権85kg級優勝.

次の

【wiki】ジュラシック木澤の仕事や食事、トレーニングなどのまとめ。【木澤大祐】

ジュラシック 木澤

ラウンジピュア様から転載。 でかい。 2019年の日本選手権では4位と快進撃。 3年ほど前からというジムの経営を始めてから一気に伸びてきた。 その前は多忙なサラリーマンだった。 やはりボディビルは過酷な競技やで。 さて、俺の好きな名言。 トレーニング中に、パートナーを応援するときに言い放った一言。 痛いだけ! 初心者はどうしてもハードにすることが難しい。 すぐに諦めてしまうんだ、 辛いから。 どこまで追い込むかは根性が試されるといってもいいもので、大変苦痛だ。 でも大きな効果を出したい場合、その苦痛に耐えなければいけない。 人生に苦痛というものは沢山ある。 飢餓、渇き、お金の不安、人間関係、睡眠不足、二日酔い、病気、などなど・・・。 でもね、筋トレは違う。 確かに苦痛ではあるが、そのデメリットはなんだ? 痛いだけ! その痛みにだけ耐えれば、多くのメリットが返ってくるのだよ! 筋量UP、筋力UP、代謝UP! 見た目がかっこよくなり、痩せやすくなり、体力もついて、老後も筋肉貯金で長く元気に。 これらが、痛いだけで手に入る! うーん、なんか木澤さんらしい一言だ。 筋トレを頑張っている人に告ぐ。 辛くてそののセットと半端な追い込みで終えようとしていることに気づいたら、この名言を思い出して、しっかりと追い込んで欲しい。 ちなみに俺は木澤さんと一緒にトレーニングをしたことが何度かある。 痛いだけ!と応援されたのは、 俺だ。

次の

ジュラシック木澤こと木澤大輔選手の明言

ジュラシック 木澤

食事は基本1日2回で、あとはサプリメントだそうです。 ・起きたらすぐにプロテイン。 ・12時までに4~5回プロテイン。 ・昼食は年間通してツナ缶3つ。 ゆで卵で全卵3個、白身のみ4個。 白米、味噌汁、オフはカップラーメンも食べるそうです。 ・夕方プロテイン。 夜7時くらいからトレーニング ・トレーニング前後はBCAAなど。 ・夜12時の食事はタンパク質は必要量を意識し、あとは食べたいものを食べている。 なんと月に6キロもプロテインを消費しているということです! そして、ジュラシック木澤選手のトレーニングは一極集中で5分割で回しているということです。 ポイントは、常に強度を上げていくということ。 目標の回数や重量が上がったら常にその上を目指すこと。 そしてジュラシック木澤選手が言っていたのは、 バルクアップできないのを体質のせいにしてしまう人もいますが、僕に言わせれば「その程度のトレーニングではその程度のバルクアップでしかない」ってことなんです。 このように断言していました。 たしかにあのトレーニングを見ていると、まだまだ自分は甘い、と思わざるを得ません。 筋トレは単に重量を上げ下げしていれば筋肉がつくというわけではありません。 そのやり方が重要なポイントとなります。 それから食事。 大体ミスター日本の上位の選手を見ているとおそらくですがタンパク質は体重1キロあたり3~4gくらいはとっているようです。 よく言われているのは、体重1キロあたり2gですが、実際はもっと必要なのでは?と思います。 ただ個人的には最終的に遺伝というものは関係してくると思いますが、その前にやるべきことは強度の高いトレーニングとしっかりした食事、これらを実践する必要があると考えます。 もし、筋トレで筋肉をつけたいと考えているなら、まずはボディビルダーの食事やトレーニングを参考にしてみてはいかがでしょうか。

次の