天星器 砕く。 十天衆最終上限解放のチャートをまとめてみた

【グラブル】十天衆を40箱コースで最終解放する場合の必要素材と素材の集め方のまとめ|こーひーのグラブル攻略ガイド

天星器 砕く

一番ネックになるのは、古戦場武器をエレメント化した際に入手できる『天星の欠片』をどうやって100個集めるかということ。 大まかに3パターンの集め方があるので、 【手順3:『黄金の依代』を作成】を参照して、どのパターンにするかを決めよう。 中でも 属性変更素材のうち『栄光の証』と『朽ち果てた武器』の要求数が非常に多いので、これらのアイテムを積極的に集め、浪費をしないようにしよう。 全属性の 下位宝珠 各 250個 全属性の ジーン 各 250個 計 1500個 古戦場で効率よく戦貨を集める方法はこちら 各素材となる武器の育成素材も必要 武器の属性変更を作成する際には、各素材となる武器の育成素材も必要となる。 こちらも かなりの素材量が必要となるので、日頃からこまめに育成して進めておくのがおすすめ。 覚えておきたいポイント 1 依代16本分のLv上げ素材 2 天星器10本分のSLv上げ素材とLv上げ素材 2:ジョブの証を事前から集める 『黄金の依代』作成には十天衆に対応した『ジョブの証』が30個必要になるため、 共闘EX4層以降の周回、栄誉の輝き、ローズクリスタル交換などで証を集めておきたい。 3:イベントでダマスカス骸晶集め 『依代』作成でダマスカス骸晶を10個使用するため、 イベントに参加してダマスカス骸晶を3個必ず確保しておくことが重要。 直近で十天の最終解放を目指しているなら、ダマスカス鋼との交換はしないように注意したい。 ライターA ダマスカス骸晶は毎月末に開催されるシナリオイベントのほか、コラボイベントや復刻イベントなどで獲得することができます。 4:究竟の証を確保しておく 黄金の依代作成には『究竟の証』が5個必要となる。 アルバハHL等のドロップや、ショップのトレジャー交換で必要数を確保しよう。 ショップの トレジャー交換でも無制限に入手可能だが、栄光の証不足に陥りやすいので注意したい。 1:フェイトエピソードを1個クリア 最終解放前の最初のステップ 十天衆がLv80になると、 新たにフェイトエピソードが登場。 このフェイトエピソードで上限解放ができるようになるわけではないが、クリアすることでエピソードが次へ進む。 メイン武器指定のため事前に消化 このクエストは恐らく後回しでも問題ないが、 十天衆に対応した『天星器 古戦場武器 』をメインに装備する必要がある。 装備による強化ができないので、 メイン武器の属性次第ではかなり厳しいバトルとなる場合もある。 2:できる限り召喚石を活用する 上記の通り、武器スキル等の恩恵がないので、 主人公の攻撃より召喚石がメインのダメージソースとなる。 その為、フレンド石、自石ともより攻撃力が高く育ってる召喚石を準備したい。 3:どうしても勝てないなら天星器を作成 どうしても勝てない場合は、 新たに相手の弱点属性となる天星器を作成しよう。 主人公を相手の弱点属性とすることで、バトルが格段に楽になる。 属性変更した天星器は後で必要となるので無駄にはならない。 ただし、手に入る種類がランダムのため、 特定の銀片を狙えない点には注意。 周回中は対応した十天衆を編成 ディメンション・ヘイローの周回中は、 解放を目指している十天衆を編成しておこう。 敵が十天衆に対応した武器の形に変形し、それに応じた『銀片』、『銀の依代』がドロップする。 例えばエッセルを入れていれば、敵が『十狼雷』に変形する。 十天衆を入れていないと全く変形せず、銀片もドロップしない。 『銀の依代』を最終上限解放 『銀の依代』を3凸まで育てたら、次は最終上限解放をしてLv150まで育成する。 最終上限解放に必要は素材は以下の通り。 各属性の 下位宝珠 各 250個 各属性の ジーン 各 250個 計 1500個 ライターA 前述で属性変更10本をしている場合、 星晶の欠片が計4000個必要になります。 枯渇しやすい素材のため、ある程度は毎日ショップ交換で数を確保しておくのがオススメです。 入手量は以下の通り。 パターン1:最終強化2本 ヒヒイロカネで強化済みの武器を2本砕くパターン。 十天衆を取得した際の最終武器に加えて、もう1本を最終強化する必要があるため、ヒヒイロカネの要求数が更に1個増えてしまう。 ただし他と比べると素材や武器の要求数は少なく、 ヒヒイロカネさえ用意できるなら最も楽な方法。 パターン3:属性変更20本 最終強化を1本も砕かないパターンで、主にメイン武器として性能が最終強化時に強化される武器で考えられる。 最終強化済みの古戦場武器が手元に残るという利点がある代わりに、 古戦場武器80箱分に加え、属性変更のための素材がとてつもなく厳しい。 単純に考えてパターン2の2倍の労力がかかる。 古戦場で効率よく戦貨を集める方法はこちら 対応したジョブの証について この段階で使用するジョブの証は、武器ごとに 十天衆の性能に対応したジョブの証を使用する。 詳細は以下の通り。 『特殊武器強化』から、3凸Lv75の『朽ちた武器』を使って作成することができる。 入手手段の少ない非常に貴重なアイテム。 『四象降臨』で入手できるクロム鋼との交換や、『星の古戦場』の勲章450個セットなどで入手できる。 ショップ交換、グランデ戦の自発赤箱やディールに加え、ローズクイーンHLや四大天司マルチバトルなどで稀にドロップする。 ここ以外ではジョブマスタピース作成やオメガウェポン、終末の神器などで必要となる素材。 ダマスカス骸晶 シナリオイベントやコラボ、復刻のたびに3個入手できるほか、高難度のイベントボスが稀にドロップする『ダマスカス磁性粒子』3個と交換できる。 ここ以外ではSSR武器の上限解放ができる『ダマスカス鋼』との交換や、天司武器最終解放に使用する。 ここ以外ではバハ武器のフツルス化などで使用する。

次の

【グラブル】天星器『七星剣』のメイン武器としての有用性・おすすめ属性変更先

天星器 砕く

クリアするとどうなる? 対象の十天衆の最終上限解放フェイトエピソードが解放されます。 このフェイトエピソードでは対象の十天衆と1v1でバトルすることになります。 その際、 黒麒麟や黄龍と同じように、武器のスキルや召喚石の加護が適用されません。 そのため、武器は属性関係なしにステータスの高い武器を詰め込めばOKです。 十天衆が厄介な状態異常を使ってきたりもするので、 フレンドから借りる石は開幕マウントを貼るためにもアポロン4凸がベストでしょう。 もう一つの縛りとして、このフェイトエピソードでは、 メイン武器を対象の十天衆に対応した天星器にする必要があります。 例えばエッセルのフェイトエピソードをやるのであれば、メイン武器は十狼雷にする必要があります。 メイン武器として装備する 天星器は属性変更すらしていない無凸のものでもOKです。 ただ、十天衆を仲間にする際に戦ったときとは比べ物にならない強さなので、できれば有利属性の天星器を用意した方が良いです。 「銀の依代」の入手方法• ディメンションヘイローの変身したボスが稀にドロップ• ディメンションヘイローの変身したボスがドロップする「銀片」を10個集めることで、「銀の依代」1個とトレジャー交換 「銀の依代」の入手方法は上記の通りです。 どちらにせよ、 ディメンションヘイローに行き、ボスに変身してもらう必要があります。 出ない時は50周以上エンジェルヘイローを回っても出ないので、根気よく回しましょう。 エンジェルヘイローVH自体はどんなパーティで周回しても問題ありません。 ひとつだけ注意点ですが、エンジェルヘイロー周回で得られた 強化素材や朽ち果てた武器は、あとで大量に必要になるので取っておくことをオススメします。 ディメンションヘイローの変身条件 ディメンションヘイローに挑戦する際には、パーティに最終上限解放したい十天衆を編成する サブでも可 必要があります。 エッセルを連れていけば十狼雷に変身し、シスを連れていけば六崩拳に変身します。 この際、複数の十天衆を連れて行くと、連れて行った十天衆の中からランダムで対応した天星器に変身するため、 ひとりだけ最終上限解放できればいい場合は、解放したい十天衆以外の十天衆はパーティに編成しないようにしましょう。 「銀片」を「銀の依代」に交換する方法 【トレジャー交換>アイテム・装備>銀の依代】から交換できます。 銀片10個で、対応した銀の依代 無凸 1個と交換です。 注意して欲しいのは、 十天衆の数だけ「銀片」と「銀の依代」の種類が存在することです。 エッセルを解放したいのに、銀の依代の手甲を集めても意味がありません。 エッセルを解放したいのであれば、エッセルを編成したパーティでディメンションヘイローに行き、十狼雷に変身したボスを倒し、「 銃の銀片」や「銀の依代の 銃」を入手する必要があります。 「銀の依代」の必要数は? 「黄金の依代」を作るためには、4凸150lv状態の「銀の依代」が必要です。 「銀の依代」3凸から4凸にするための素材では、「銀の依代」は要求されません。 そのため、 「銀の依代」は無凸4本 3凸分 集めればOKです。 「銀片」に換算すると40個分ですね。 「銀の依代」の4凸素材を用意し、150lvにする 「銀の依代」の4凸素材• 銀の依代と同種類の 武器エレメント - 300個• 火晶のエレメント - 300個• 水晶のエレメント - 300個• 土晶のエレメント - 300個• 風晶のエレメント - 300個• 光晶のエレメント - 300個• 闇晶のエレメント - 300個• 10,000ルピ 銀の依代と同種類の 武器エレメント300個に加え、全属性分のエレメントを300個ずつ要求されます。 マグナ4凸が終わっていない場合は、この素材を素直に提供してしまうと全属性強化が遠のきますね…… 「銀の依代」4凸の際にはダマスカス鋼を利用できるので、場合によってはダマスカスでスキップするのもアリでしょう。 特にエッセルだと銃のエレメントを300個も持っていかれるのはきついので、私はダマスカスを使いました。 「黄金の依代」の製作素材• 赤き依代の<対応武器> - 1個• 青き依代の<対応武器> - 1個• 黄の依代の<対応武器> - 1個• 緑の依代の<対応武器> - 1個• 白き依代の<対応武器> - 1個• 黒き依代の<対応武器> - 1個• ヒヒイロカネ - 1個• 銀天の輝き - 10個• ~番天星の欠片 - 100個• ダマスカス骸晶 - 10個• 究竟の証 - 5個• 対応する ジョブの証 - 30個 えげつない要求素材ですね。 これらの素材のうち、集める際に多少注意が必要なものに関して説明していきます。 銀天の輝きの集め方 グランデ自発がおすすめです。 3周年の銀天緩和のおかげで、 グランデ自発で(ほぼ?)確定で赤箱から銀天が出ます。 それに加えてディールで銀天が出ることもあるので、運が良ければ一度の自発で銀天がふたつ入手できます。 ~番天星の欠片の集め方 ~番天星の欠片は、 真以上の天星器をエレメント化することで入手できるアイテムです。 属性変更~覚醒手前までのものをエレメント化すると5個入手でき、 覚醒 ヒヒイロカネを使用した段階 させたものをエレメント化すると50個入手できます。 真の段階だと1個しか入手できないので、最低でも属性変更まで持っていく必要があるでしょう。 ちなみに、~番天星の欠片の~番というところからお察しだとは思いますが、二王弓をエレメント化したら二番天星の欠片、十狼雷をエレメント化したら十番天星の欠片……といったように、 最終上限解放したい十天衆に対応した天星器をエレメント化する必要があります。 ~番天星の欠片の必要数は100個ですが、 十天衆を最終上限解放するということは、1本は覚醒段階の天星器を持っているはずです。 四天刃や六崩拳だと性能も良いのでエレメント化が非常にしにくいですが、既に持っている覚醒段階の天星器をエレメント化すれば、~番天星の欠片は残り50個集めればいいですね。 残り50個の~番天星の欠片を集めるためには、以下のどちらかを行う必要があります。 属性変更段階の 対応する 天星器を10本作る• 覚醒段階の 対応する 天星器を1本作る それぞれの良い点・悪い点は以下の通りです。 覚醒段階1本の良い点• 属性変更段階10本に比べ、圧倒的に楽になる 覚醒段階1本の悪い点• ヒヒイロカネを1個余分に消費する どちらの方法でもメリット・デメリットがありますが、 一番大きな判断基準はヒヒイロカネを消費して良いかどうかです。 メリットにも触れておくと、天星器を10本砕くと副産物として武器エレ約800個が得られます。 剣や銃などのエレメントをよく使う武器に関しては天星器を10本砕くコースのメリットが大きくなるでしょう。 ちなみに私の場合、4人解放で2人にはヒヒイロを投入し、残り2人は天星器を10本砕きました。 朽ち果てた武器は何本必要? 赤き依代の<対応武器>~黒き依代の<対応武器>まで、六属性分の依代が必要です。 この依代は、朽ち果てた武器を3凸75lvにした状態で下位宝珠やジーンなどを素材に製作することができます。 天星器の色変え時に使うアレです。 六属性分の依代分としては、3凸した状態の朽ち果てた武器が6本必要になるので、無凸状態の朽ち果てた武器が24本必要になります。 それに加え、~番天星の欠片を入手する際にも朽ち果てた武器を消費するので、合計本数は以下のようになります。 ~番天星の欠片を覚醒1本で済ませた場合 六属性分の依代に加え、無凸状態の朽ち果てた武器が4本必要。 属性変更10本にした場合 六属性分の依代に加え、無凸状態の朽ち果てた武器が40本必要。 対応する ジョブの証って? エッセルの場合は盗賊の証が30個必要です。 他の十天衆でどのジョブの証が要求されるかは確認できていません。 そのため、自分の目で必要な証を確認してから交換するようにして下さい。 ジョブの証に関しても、3周年アップデート時に入手方法が緩和されました。 栄誉の輝き交換で月30個まで一気に交換できるようになったので、毎日コツコツ交換する必要はありません。 「黄金の依代」をエレメント化し、「純然たる<武器種類>の魂」を入手する どぎつい要求素材を集めて作った「黄金の依代」ですが、エレメント化します。 初めて十天衆を仲間にした思い出が蘇ってくる天星器をエレメント化する時点で泣きそうでしたが、そうまでして作った依代もエレメント化します。 辛いね。 とっても辛いですが、 「黄金の依代」をエレメント化することで、「純然たる<武器種類>の魂」を入手することができます。 このアイテムが十天衆の上限解放Limitを増やすためのフェイトエピソードに挑戦するコストです。 いよいよ最終上限解放のときが近付いてきました。 上限解放Limitを増やすためのフェイトに挑戦する 上限解放Limitを増やすためのフェイトでは、自分が十天衆を操作し、天星器と1v1で戦うことになります。 武器や召喚石などの編成は影響しないので気にしないでOKです。 このバトルで戦う天星器は相当強いので頑張ってください。 無事倒すことができれば、最終上限解放が可能になります。 エッセルの場合は2アビのブレアサ後は3アビを使うのがおすすめです。 ブレアサ奥義よりも圧倒的に削れます。 最終上限解放素材を消費し、最終上限解放する 最終上限解放素材• 解放する十天衆と同属性の ~星の輝き - 30個• 解放する十天衆と同属性の ~のプシュケー - 10個• 解放する十天衆と同属性の 共闘の書 - 30個• 虹星晶 - 100個• 4アビなしでも強そうな十天衆もいますが、ここまで頑張りましょう。 私は共闘半額が来たら頑張ります! 終わりに この記事では、十天衆最終上限解放の手順、その過程で必要となる素材とその集め方を紹介しました。 非常に大変な道のりではありますが、魅力的なアビリティを覚えられるので頑張りましょう! -, -.

次の

古戦場武器を10本属性変更するのに必要な素材

天星器 砕く

天星器の1つである『七星剣』のメイン武器としての強さ、使用機会を解説します。 属性変更する際のおすすめ属性についても理由と共に解説。 古戦場の戦貨箱での天星器選びの参考にもなればと思います。 奥義効果で『味方全体の被ダメージカット30%』 七星剣は奥義効果に『奥義発動ターン中味方全体の被ダメージカット 30% 』を持ちます。 この30%カット効果はファランクス 味方全体70%カット と共存するので、 七星剣を持った主人公が奥義を使うターンにファランクスを合わせることにより、味方全体100%カットすることができます。 敵の強力な攻撃をダメージ0に防ぐことができるのは優秀ですし、ファランクスと合わせずただ奥義を使って30%カットするだけでも被ダメージを抑える上では意味があります。 なお、この奥義効果は七星剣を1段階強化 真状態 から武器に付与されるので、属性変更すれば任意の属性でこの奥義効果の恩恵を受けることができます。 高難易度マルチバトルで活躍の可能性 七星剣の奥義効果『奥義発動ターン中味方全体の被ダメージカット 30% 』は、特に難易度の高いマルチバトルでは活躍する可能性があります。 アルバハHL初心者の段階 アルバハHLに慣れておらず、• 特に慎重に動きたい• できるだけHPを減らさずに立ち回りたい ような場合には、メイン武器として優先度は高いです。 ただし、ある程度慣れてきたら火力を出しに行った方が良いです。 対ルシファーHL ルシファーHLは現状のマルチバトルの中では最高の難易度で、100%カットの有用度も同じく高くなります。 メイン武器としてどの武器が最も適しているかは議論の余地があるとしても、七星剣の優先度・有用度は高めであることは間違いありません。 ルシファーHLは長い目で見ると全属性の編成でクリアしたいマルチバトルなので、有用なメイン武器の需要も全属性に渡ります。 より強力なメイン武器がない属性の七星剣を用意しておくと、編成の選択肢の幅を広げることができます。 火属性 火属性は『パラスの剣』 アテナ戦でドロップなど が奥義効果に【味方全体の被ダメージカット20%】を持っているため、優先度はそれほど高くありません。 ただしパラスの剣ではファランクスと合わせても90%カットで100%カットはできないため、特に100%にこだわる場合には火属性に属性変更する優先度は高くなります。 水属性 リミテッドカタリナの解放武器であるミュルグレス 剣 を4凸すると、奥義効果に【味方全体の被ダメージカット35%】を持つようになり、スキルの面でもただの通常攻刃SLv10の七星剣の完全上位互換となります。 よって4凸ミュルグレスを所持している場合には水に属性変更する必要はありません。 一方、• 4凸ミュルグレスがない場合• 無凸ミュルグレス 全体15%カット はあるが4凸させる予定はない 場合には、水に属性変更する優先度は高くなります。 土属性 高難易度クエストに土属性のスパルタで参戦する場合は、ゼノウォフ剣 ラスト・シャフレワル の奥義効果【味方全体の被ダメージを水属性に変換】が非常に強力なため、七星剣を土に属性変更する優先度は他の属性よりも低いです。 風属性 グリームニルの解放武器『虚無ノ哭風 槍 』を4凸すると、奥義効果に【奥義発動ターン中味方全体の被ダメージカット 30% 】を持つようになるため、風七星剣は不要になります。 ただし、虚無ノ哭風がない場合or持っているが4凸する予定はない場合には、風に属性変更する優先度は高いです。 光属性 バウタオーダの解放武器『フェアネスマーク 剣 』が奥義効果に【奥義発動ターン中味方全体の被ダメージカット 15% 】を持っています。 ファランクスと合わせても100%カットにならないので、特に100%にこだわりたい場合は優先度が高くなるものの、光属性にはリミテッドヴィーラや最終フュンフといった非常に高性能な防御・回復キャラがいるため、他属性と比較すると光七星剣を持っておく優先度は低いです。 闇属性 闇は剣にも槍にもダメージカットなど強力な防御性能を持った武器がないので、七星剣を闇に属性変更する優先度は高いです。 基本は十天衆の最終上限解放を優先 先述のように、七星剣を使うのは特に難易度の高いマルチバトルにおいてですので、 十天衆の最終上限解放が終わっていない内に七星剣をメイン武器用として確保しておく必要は基本的にありません。 「既に十天衆を全員最終解放してある場合」や、「目標分の天星器の箱を開け終わった上で、戦貨がまだ余っている場合」、「明確な目的がある場合」には七星剣の取得も視野に入れて考えると良いです。 guraburukouryakusinannjo.

次の