白髪隠し 部分染め。 白髪隠しの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

根本・部分染めしやすい白髪染めトリートメントTOP3

白髪隠し 部分染め

ほんの数センチの生え際に伸びてきた白髪… 「全体を染めるのはまだ早い…でも目立つし…」 そうなんです。 白髪の悩みで一番多いのが、この生え際や、頭頂の分け目部分のわずか数センチの白髪をどうするかってこと。 わざわざ全体を染めるほどではないけど…目立つんですよね。 ここが白いだけで、全体が老けて見えるのは事実です。 まめにリタッチで染めなおせればいいのですが・・・なかなか時間もない。 そんな時に便利なのがサクッとその部分だけ染めることができる部分染めです。 白髪の部分染めには、 「白髪染めマスカラ」と 「刷毛・ブラシタイプの部分染め」があるのですが、ここではそれぞれの特徴とおすすめの部分染めを紹介していきます。 白髪染めマスカラは、アイメイクのマスカラを少し大きくしたような形状で、 そのまま気になる部分に付けるだけです。 マスカラのブラシの形状 数センチの生え際や頭頂の分け目部分に、ブラシでなじませるだけでOk。 気になる部分につけておき、夜シャンプーの際に流します。 部分的に目立ってきた白髪は、とても嫌なものです。 せっかく、全体がきれいに染められていても、生え際に白髪があると台無し…。 全体染めのヘアカラーと合わせて、1本持っておくといいでしょう。 これだけで、全体の染髪の回数も減らすことができます。 ただし、白髪染めマスカラのほとんどのタイプは、 あくまでも一時的に白髪を隠すものであって、それで髪を染めることができるという商品はあまりありません。 部分染めとしての購入を考えているなら、白髪染めマスカラを選ぶ際には、そのマスカラが• 白髪も染めてくれるのか• 一時的な白髪隠しなのか の違いをチェックして目的にあったものを購入するようにしましょう。 マスカラタイプは容量が少ないので部分染めに使うこと 白髪染めマスカラで白髪染めもできるタイプのものでも、実際にそれで白髪を染めようと思うと容量が少ないのが難点。 ほとんどの商品は、7mlとか、12mlとかの容量しか入っていません。 ですので、あくまでも部分染めのリタッチとして使うこと。 便利で簡単だから…と、少し多くの面積を染めようと思うと、すぐになくなってしまいます。 全体は全体染めでしっかりと染め、伸びてきた部分だけリタッチすること。 これが部分白髪染めの鉄則です。 部分染めとして使う場合は、 マスカラタイプより、ブラシタイプや刷毛タイプの方がおすすめです。 市販の白髪染めマスカラは安価でいろいろあります 以前はあまり見なかったのですが、最近はドラッグストアなどでも市販の商品でも白髪染めマスカラがたくさん販売されるようになりました。 (昔はなかったんですよ!ここ数年で急に増えました。 !) 一見、どれも同じように見えますが、この市販の白髪染めマスカラも、 徐々に白髪が染まるタイプと、一時的な白髪隠しとして使うものに分かれます。 【市販品】ビゲンのヘアマスカラ 徐々に白髪が染まるタイプのものでは、ビゲンのヘアマスカラがあります。 私もこのビゲンのヘアマスカラは1本持っています。 はじめて購入した時は、 「日中にこのヘアマスカラを付けたまま外出するのってどうなんだろう?」という抵抗がかなりありました。 「髪を触ったりしているうちに手についたり黒い染料がポロポロ落ちてきたりしないのかな?」という懸念も。 でも実際に使ってみると、そのような心配はなく、きれいに夜までついていました(大雨などが降って髪が濡れてしまった場合はわかりませんが)。 このヘアマスカラを付けている時に友人に「ヘアマスカラで白髪を隠してるんだけどわかる?」と聞いてみましたが、「え?どこ??」と指で指してもわからないくらいだったので、他の人に違和感を与えることもないと思います。 急に出かけることになって、でも生え際に白髪が目立っている!という時などに、ささっと使うにはいい商品だと思います。 1本常備しておくといいでしょう。 【市販品】ブローネヘアマスカラ こちらはブローネのヘアマスカラです。 こちらは色が染まりません。 一時的な白髪隠しです。 この ブローネのヘアマスカラのメリットは速乾性があるというところです。 先ほどの ビゲンヘアマスカラは髪につけてから3分〜5分ほど時間を置くのですが、このブローネヘアマスカラは30秒でOK。 本当にささっと白髪を隠してすぐに出かけることができます。 徐々に染まるビゲンがいいか、速乾性のあるブローネがいいかというところですが、正直、 ヘアマスカラでの部分染めはあまり期待できないので、 速乾性のあるブローネの方が使い勝手はいいかもしれません。 ただし、価格で見ると販売価格はビゲンの方が安く 容量もビゲンの方が少し多いので、経済的な面ではビゲンの勝ちです。 ビゲンヘアマスカラ 【使うたびに徐々に色が付くタイプ】 白髪が染まるタイプのヘアマスカラです。 髪につけてもゴワゴワせず、きれいに白髪をカバーしてくれます。 塗布してから3分から5分くらいは時間をおくこと。 タイプ 【白髪染めマスカラ】 徐々に髪が染まります 使用方法 髪につけて3分から5分は時間を置き、乾いたらそのまま過ごせます。 そのまま髪につけ夜のシャンプーで洗い流します。 色 ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ナチュラルブラック、アッシュブラウンの5色 容量 15ml 価格 700〜800円(税抜) 公式サイト ブローネヘアマスカラ 【速乾性がある白髪隠し】 ブローネヘアマスカラは白髪そのものは染まりません。 あくまでも一時的な白髪隠しです。 速乾性があり30秒で乾くので、気になったらすぐに使えるのが魅力。 タイプ 【白髪染めマスカラ】 髪は染まりません。 白髪隠しです。 使用方法 髪につけて30秒で乾きます。 そのまま髪につけ夜のシャンプーで洗い流します。 色 ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ナチュラルブラックの3色 容量 12ml 価格 800〜900円(税抜) 公式サイト 市販の白髪染めマスカラの役割は? はじめは「部分的な白髪を染めたい」という気持ちで探していた白髪染めマスカラですが、このビゲンやブローネのようなプチプラの白髪染めマスカラが登場してからは 「別にこれで白髪が染まらなくていいや」と思っています。 その日、その時だけ、白髪が隠せれば充分かな?と。 白髪染めではなく白髪隠しの役割を果たしてくれればいいかな?と思います。 使い始めると、この白髪隠しという使い方の良さはよくわかると思います。 白髪って、染めても染めても生え際だけ白くなりますよね。 どうしても。 その部分が隠せるのです。 ピンポイントで。 これだけで白髪染めの回数は少なくなりますし、 突然の外出で「あ・・・白髪が目立つ・・・」というの本当に減りました。 (お出かけ前の1分でOKですから!) 昔のように白髪染めマスカラが市販の商品ではなく、値段も普通の白髪染めくらいの価格だった時は、「どうせ買うなら白髪も染まってくれないともったいない!」と思っていたのですが、 1,000円以下で購入できるようになった今は、白髪染めマスカラの場合は「白髪隠し」として使えばいいのかな?と思います。 1本持っていると本当に便利ですので、ドラッグストアなどで見かけたらぜひ購入してみてください。 部分白髪染めとしての商品を探しているならここのあとで紹介する「」がいいでしょう。 使いやすく、白髪染めとしての機能もしっかり果たします。 白髪染めシャンプーの老舗「黒耀」のポイントケア しっかり白髪を染めることを目的とした白髪染めマスカラもあります。 それがこの、 「黒耀ポイントケア」。 白髪染めマスカラなどが他にはどこにもない時から、この黒耀ポイントケアはあります。 黒耀ポイントケアは、黒の色の発色がよく、きれいに染まります。 一時的な白髪隠しではなく、使う度に、だんだんと色が染まっていきます。 「やっぱりせっかく使うなら白髪を隠すだけではなく同時に染めてしまいたい」 と考えるなら、部分染めとしてもしっかり機能するこの黒耀ポイントケアが一番でしょう。 男性の部分白髪染めとしても最適です。 まだ白髪が数本で、目立つところだけを簡単にしっかり染めていきたいという方にはおすすめです。 黒耀ポイントヘアマスカラ 【使っているうちにきちんと染まる白髪染めマスカラ】 天然の染毛成分(ログウッド、シコンエキス、タンニン酸)を使用しているので髪に優しく自然に仕上がります。 合成色素は使用していないので、染毛剤の頭皮、頭髪のダメージが気になる方にもおすすめです。 徐々に色がついていき、数回の使用で黒く染まります。 男性の部分白髪染めにも最適。 タイプ 【白髪染めマスカラ】 徐々に髪が染まります 使用方法 そのまま髪につけ夜のシャンプーで洗い流します。 色 ブラック 容量 12ml 価格 3,800円(税抜) 公式サイト ヘアフレグランス?使っていて気持ちがいい!uruotte のヘアマスカラ もう1つだけ紹介しておきたいヘアマスカラがあります。 「uruotte リタッチヘアマスカラ」です。 こちらは黒耀ポイントケアのように白髪染めとして色が染まるものではなく、市販のヘアマスカラのように一時的に色を付けるものなのですが、かなりおしゃれな仕上がりで使い勝手がいいので、1本持っているとちょっと嬉しい便利なアイテムです。 白髪を一時的に隠すという点ではブローネのような市販のヘアマスカラと変わらないのですが、このuruotte リタッチヘアマスカラは素敵な香りがついています。 黒にはフランキンセンス、ベルガモット、レモン、ジャーマンカモミール、ラベンダー、ローズ、イランイラン、ゼラニウム、ベチバー、パチョリ、 ブラウンにはマンダリン、グレープフルーツ、オレンジ、シナモン、ラベンダー、ローズ、ブラックペッパー、イランイラン、ベンゾイン、クローブといった精油の香りがついています。 ただの白髪隠しだけではなく ヘアフレグランスの役目もしてくれるアイテム。 髪につけ 5〜10分程おくとしっかり色が定着し、髪をかき上げたくらいでは落ちることはありません。 その日のシャンプーまで安心してつけておくことができます。 uruotte リタッチヘアマスカラ 【ヘアフレグランスのような香りが魅力】 気持ちのいい香りが続くヘアマスカラ。 髪につけると上質のアロマの香りに癒されます。 髪は染まらないので、白髪隠しとして使用します。 タイプ 【白髪染めマスカラ】髪は染まりません。 白髪隠しです。 使用方法 そのまま髪につけしばらく乾かし、夜のシャンプーで洗い流します。 色 マロンブラウン、インディゴブラックの2色 容量 10ml 価格 2,500円(税抜) 公式サイト 部分染めに最適!しっかり染めるならブラシ・刷毛タイプ リタッチ用として白髪の部分染めをするなら、 経済的なことを考えてもやはりマスカラタイプよりもこのようなブラシや刷毛のタイプの方がおすすめです。 お出かけ前などに一部分だけ染めるなら、白髪染めマスカラの方が便利ですが、しっかりと数本まとめて生え際や分け目部分などを染めるなら、こちらの方が、より簡単です。 利尻白髪隠しは一番おすすめな部分白髪染め その中でも一番のおすすめは利尻白髪隠し。 「利尻白髪隠し」は、あの大ヒット白髪染めの姉妹品。 ブラックとダークブラウン、ソフトブラウンの3色があり、利尻ヘアカラーと同色なので、セットで使うと色の差がなくとてもきれいに染められます。 また、この利尻白髪隠しは、一時的な白髪隠しではなく、洗髪後も色素が残るので、 使うたびに髪が染まり、白髪が目立たなくなっていきます。 1回でもある程度色が付きますし、 3回ほど使えば生え際の白髪も染まります。 速乾性があり、髪に付けた後乾くと、 色移りがないので、白髪染めマスカラと同じように、朝、気になるところに付けて、そのまま外出ができます。 生際など少し広い部分の白髪を染めるなら、断然 マスカラタイプよりも容量の多いこのタイプがおすすめです。 利尻白髪隠し 【部分白髪に最適!リタッチも楽々】 生え際やワケなどの部分も一気に染められます。 ノック式の刷毛が使いやすくとても便利。 使うたびに髪が染まっていくので部分染めに最適。 ブラックもあるので男性にもおすすめ! 髪のハリ、コシをアップする天然美容成分がたっぷり入っています。 タイプ 【刷毛タイプ白髪染め】使うたびに徐々に髪が染まっていきます。 使用方法 そのまま髪につけしばらく乾かし、夜のシャンプーで洗い流します。 先端がブラシになっているのでとても使いやすく、気になる部分をさっと染めるのには最適です。 ただし、このグローイングショットの部分染めは利尻白髪隠しとか異なり、 シャンプーで洗うとほとんど色が落ちてしまうので、一時的な白髪隠しになります。 この少し変わった先端部分のブラシがとても使いやすく、目立ってきた白髪をブラシで掻き出してささっと手軽に染めることができます。 白髪染めとしては使えませんが、「白髪隠し」という形で使う場合は、このグローイングショットはとても便利です。 白髪染めマスカラのブラシ部分が大きくなったというイメージです。 ブラシ部分がとても使いやすく、付けた部分もふわっと違和感なく仕上がります。 1本で生え際2〜3cm使用で約30〜40回分くらい染めることができます。 グローイングショット 【ブラシで付ける白髪染め隠し】 使いやすいブラシが付いたタイプです。 ふんわりと髪を持ち上げてボリュームアップします。 シャンプーで色が落ちるので白髪隠しとして使います。 ブラックとブラウンがあります。 タイプ 【刷毛タイプ白髪染め】髪は染まりません。 白髪隠しです。 使用方法 そのまま髪につけしばらく乾かし、夜のシャンプーで洗い流します。 色 ブラック・ブラウンの3色 容量 10g 価格 2,400円(税抜) マスカラタイプや刷毛タイプの白髪の部分染めを紹介してきました。 最近では一般のドラッグストアなどでも白髪染めマスカラを多数見るようになりました。 本当に増えましたね。 数年前まではここで紹介している「黒耀ポイントケア」くらいしかありませんでした。 でもこのマスカラの形状の白髪染めが便利で、いい商品だなあと思っていたらどんどん出てきました。 昼間にこういったヘアマスカラを付けるというのは、見た目はどうなんだろう?途中で落ちてきて服についたりしない?など、私も使い始めるまでは半信半疑でした。 でも技術の進化は素晴らしですね。 複数のメーカーから商品が出ることによって、競い合い、今では素晴らしい白髪染めマスカラがたくさんリリースされました。 今では私にとってもなくてはならない1本になっています。 このタイプには一時的な白髪隠しと毎日使うことで色が染まっていくタイプがあります。 その日だけのものよりも染まっていくタイプの方が無駄がなくていいのですが、選ぶ基準としてはつけている時に色落ちがないかだと思います。 この色落ちだけは避けたいので、あまり聞いたことのないようなものはちょっとNGかもしれません。 部分染めで色が落ちてしまうものを買うとかなり悲惨です・・・。 私も一度経験があるのですが、部分染めをつけて出かけたあと汗をかき、その汗が白髪染めを流してしまいオデコが黒くなってしまったことがあります。 せっかくのお出かけだったのに恥ずかしいし困ったし・・・黒歴史です。 (上記で紹介している商品は大丈夫です!) マスカラタイプの白髪染めで部分染めをしっかりやろうというのは不可能です。 量が少ないので、白髪隠しがメインと考えて法がいいでしょう。 隠しながらやっぱり染めたいという場合は利尻白髪隠しが最適です。 通常の白髪のリタッチには、いつも使っている白髪染めを少量で2週間おきくらいに染めていくのが一番だと思います。 お風呂で手軽に使えるやでもっとまめにリタッチしていくのもいいでしょう。 また色が染まるタイプの部分染めを購入する際は、色は全体染めの色より少しだけ、濃い色を選ぶといいでしょう。 その方が、全体染めと色が違った場合にあまり目立ちません。 市販のビゲンやブローネでもいいので、マスカラタイプの白髪隠しは1本持っておくといざという時に便利です! これ1本で、突然のお出かけも怖くなくなりますよ!.

次の

【楽天市場】部分染め用

白髪隠し 部分染め

利尻白髪かくしに限らず、筆が付いたスティックタイプの白髪染めに言えること。 多くの人が途中で使わなくなってしまう現実。 なぜこうなってしまうのか。 をこれから購入しようと考えている方、筆が付いたスティックタイプの白髪染めをまだ使ったことがない方には、是非購入前に読んで頂きたいと思います。 また利尻白髪かくしを使ってみて染まらないと思った方には、使い方を比較して見て下さい。 もしそれでもなお染まらないと思いった方は、スティックタイプの白髪染めは無理です。 利尻白髪かくし以上に染まるものはありません。 利尻白髪かくしは、 と同じ(株)ピュール(ブランド名 sasttyサスティ)が製造販売しています。 利尻ヘアカラートリートメントはヘアマニキュアタイプの白髪染めの歴史を作った商品で、今までのヘアマニキュアの概念を一変させた白髪染めです。 発売すると一気に爆発的な人気となり、改良を重ね今だにトップに居続けている白髪染めです。 利尻白髪染めが凄いところは、ただ染まるだけではない 利尻白髪染めが凄い所は、企業の理念が「無添加成分にこだわり、肌に優しい」ことにあります。 通常の企業の場合、規模が大きくなればなるほど商品によって部署が別れます。 色々な商品を販売するので全ての方向性が一つになることはほぼありません。 それも自社で研修開発、製造、販売している企業は非常に少ないのです。 ピュールは、20年も前の世間がまだ全く成分に無頓着な時代から「肌に優しい、アレルギー体質の人でも使える」ことを理念にしてきました。 その結果が利尻白髪染めの爆発的な人気に繋がっていくのです。 ただ染まるだけの白髪染めではなく、研究開発、成分のこだわり、製造技術などの深さが他の白髪染めとの差を広げている理由となり、今だにトップに居続けているのです。 利尻白髪染めの特徴としては、短時間で簡単に染まること、色の入りが良いこと、色持ちが長いことにあります。 これらは今までのヘアマニキュア白髪染めにはできなかったことです。 発売以来、色々なメーカーが同じような成分を使って、似たような白髪染めを一気に出してきましたが根底にある理念が違うため、その差が縮むことはなく現在に至っているのです。 天然成分が非常に多く配合されているので、「早めに使って下さい」という新鮮味 今までのヘアマニキュアは染めること、色持ちを長くすることを目標に商品開発されていましたが、利尻白髪染めはこれらに加味して頭皮を整えることや髪の補修までできるようにしたのです。 頭皮や髪に優しくするために化学成分だけではなく、天然の成分の栄養素や植物エキスを非常に多く配合させたのです。 天然成分が多く配合されているので、今までの長期保存の概念ではなく生ものというような「天然成分が高配合されておりますので、開封後は早めにお使い下さい」という注意事項が付け加えられたのです。 理念は継ぐが利尻ヘアカラートリートメントとは用途が違います これらの理念や実績を受け継いだのが利尻白髪かくしなので「ただ染まればいい」ということだけの白髪染めとは違い、頭皮や髪に優しいことを加味しています。 ただ染まればいいということになれば、キューティクルを溶かしてしまうようなヘアカラーで染めた方がいいのです。 利尻白髪かくしは、一時的に隠す(染める)ものでも髪や頭皮を痛めてはいけないという理念の元に作られています。 これらのようなことを含め利尻白髪かくしは、筆の付いたスティックタイプの白髪染めでは一番良く隠せ(染まり)ます。 しかし、利尻ヘアカラートリートメントとは用途が違うため色の入り方に違いがあり、同じように染まることはありません。 そのため利尻ヘアカラートリートメントが良かったからといって同じように思って使うと、染まらないとなってしまいますのでスティックタイプの白髪染めの特徴を理解しておきましょう。 利尻白髪かくしの髪が染まる仕組み 利尻白髪かくしは、今までのその日だけ、その時だけ隠せればいい一時染毛料(一時着色料)とは違います。 一時染毛料はシャンプーしたら色が全部落ちるのが特徴です。 利尻白髪かくしは、ヘアマニキュア白髪染めに近い成分で作られているのでシャンプーしても色が全部落ちることはなく、ほんの少しづつ徐々に染まっていく白髪染めです。 利尻白髪かくしの着色料は、塩基性染料、HC染料、天然染料の3つで染めます。 髪や物質は電荷(電気)を持っているので、それを利用して色素を髪と結合させます。 いわゆるイオン結合というもので塩基性染料がこの方法を用いて髪の表面に付着し発色します。 HC染料は色素そのものが小さいので髪のキューティクルをいじらず、そのまま髪の内部に浸透します。 髪の中心付近まではいかず浅い所で発色します。 天然染料は髪の表面に直接付着して発色します。 利尻白髪かくしは利尻ヘアカラートリートメントの染まる仕組みを応用したことにより、スティックタイプでは色持ちも一番長くなりました。 色移り、色落ち 基本的に塗布した染料が乾いた状態なら色移りはほとんどしません。 多く汗をかいて額にしたたり落ちてきても、色水となって流れてくることもほぼないと思って大丈夫です。 色移りする場合のほとんどが、髪が汗や雨などで湿った時、拭く、擦る、触れる時に移ります。 このような時だけ気を付けておけば大丈夫です。 また、乾いていても帽子や衣服の襟などは、長時間擦れたり、触れたりした場合には色移りすることはあります。 メーカー直販です。 直販キャンペーンのお試し価格で買えます。 全てのスティックタイプの白髪染めは慣れが必要。 簡単には染めれない使い方と盲点 利尻白髪かくしに限らず全ての筆が付いたスティック型の白髪染めに言えることです。 スティックタイプの白髪染めは使い方に慣れが必要で、何も分からずいきなり塗ってしまうとまず失敗します。 スティックタイプが初めての方や使い慣れない方用にお使え致します。 使い方に慣れてきたらお好みの使い方に変更して下さい。 全体染めは無理。 広範囲もキツイ。 部分染めでも難しいかも 白髪は左右のこめかみのラインの分け目に多くあり、生え際から5センチぐらいは白髪になっています。 このぐらいの範囲ですらスティックタイプので染めるのも時間が掛かります。 もう少し小さい範囲ぐらいまでが許せる範囲ではないでしょうか。 基本的に部分染め用とも言われますが、私から言わせるとピンポイント用ではないかと思います。 顔周り、もみあげなどほんの一部、気がついた白髪数本にちょこちょこっと塗るのがベストだと思います。 説明書や広告であたかも全体染めや広範囲を染められるともありますが、広範囲以上を染めることはまず無理です。 仮に挑戦したとしても物凄い薄く伸ばして塗って、色の濃さは度外視なら可能かもしれません。 いきなり染料を出して塗布しない。 小皿に出して調整しましょう 最初に染料を出す時はなかなか出てこないと思います。 出てきたと思ったら結構な量が出てしまい下に垂れてしまうこともしばしばあります。 使い慣れないうちは、絵の具とパレットのように小皿に出しながら使うと上手く塗れるようになります。 ある程度の期間保存していたものや商品によって染料の柔らかさに違いが出ることがあります。 最初はサラサラした感じの染料が出てきた後、粘りがあるような濃い染料が出てきます。 このようなこともあるので小皿で混ぜ合わせて使うといいでしょう。 商品によっては説明書や広告で「何プッシュできます」や「何プッシュでどのくらい染めれます」などどと記載されていますが無視して下さい。 まずその通り行きませんので気にせず、節約せずプッシュして下さい。 乾いた髪に塗って下さい 必ず乾いた髪に塗って下さい。 髪に水分が付いていると、髪の上に水の膜ができているので、その水の上に染料を載せることになります。 また、水分があると染料が髪の内部へ浸透するのを邪魔してしまいます。 髪が塗れている時は必ずしっかり乾かしてから塗り始めて下さい。 整髪料や育毛剤なども同じことが言えます。 これは塩基性染料やHC染料を使っているヘアマニキュア全体に言えることで、髪はコーティングされていない状態が一番染まり、染める前は強い被膜を作るトリートメントなども控えた方がいいのです。 染料が頭皮に付いてしまう 染料をとりあえず出して、そのまま髪に塗ってしまうと頭皮にベッタリ付いてしまいます。 頭皮に付いてしまうのは、染料の出しすぎか、筆先を押えずぎかです。 髪の薄い所への塗布の場合は特に地肌につきやすいので気を付けないといけません。 染料が頭皮に付いてしまったら非常に目立ちますので拭くしかありません。 地肌に付いたら早めに拭かないと皮膚に浸透して落としづらくなってしまうので、後回しにしてはダメです。 染料が乾いても落としづらいです。 濡れたもので拭くのですが、せっかく髪に塗布した染料も一緒に拭き取ってしまうのでまたやり直さなくてはいけません。 また、衣服の付いたらただ拭いても色は落ちません。 紺色のような色が残りますのですぐに洗濯して下さい。 塗り方は多めに出してふわっと触れる 部分染めに特化した白髪染めの塗り方によくある方法で、髪を持ち上げ、引っ張りながら、真っ直ぐにして塗ると上手くいくと言われます。 しかしこれ意外とできません。 手が疲れたり、肩が上がらなかったり、見えないこともありなかなかできないのです。 塗布する時は頭皮に付かないようにするのと、なるべく生え際から塗らないと白髪が見えてしまうのでギリギリのところをから塗らないといけません。 染料を薄く塗り何回も重ねて塗ってもいいですが、手間と時間が掛かるのでめんどくさいです。 塗り方は染料を筆に多めに出して、髪にふわっと載せる感じ 塗り方は、髪をそのままの状態で、筆を髪に押し付けないで塗ることを基本にします。 髪の量が少ない方や髪が薄いところを塗ることを想定したやり方です。 もちろん髪の量が多い方はそのまま塗って頂いて大丈夫です。 塗り方は、筆に染料を多めに出して(付けて)おきます。 生え際の髪に軽く触れるような感じで染料を髪に載せ(塗り)ます。 この時に、髪に染料がタップリ付いても大丈夫です。 染料が髪に載ったら、クシで毛先に向かって伸ばして(慣らして)いきます。 慣れてくればスティックで塗りながらクシを使えるようになると思います。 ある程度塗れたら何回も繰り返すのでなく一回、乾燥させます。 染料が乾くまで意外と時間が掛かるのでドライヤーで一気に乾かしてしまいましょう。 染料が多めに髪についている時は、クシを通しながらドライヤーをあてて下さい。 多めに付いた染料が髪同士をくっつけてしまい、そのまま固まってしまいますので髪をバラしながら行って下さい。 染料が乾いたら染まりが薄い所や塗り残しの有無を確認します。 この後の重ね塗りは同じことを繰り返してお好みの濃さにしていきます。 肌に付いた染料が乾燥したら石けんを使わないと落ちづらいので、ドライヤーを使う前に付いていないか確認して下さい。 色の選び方。 明るい色は難しい 白髪染めの色の選び方は、髪の黒髪に近い色を選びますが明るい色ほど難しいと思って下さい。 特に白髪染め自体に慣れていない方は気を付けて下さい。 利尻白髪かくしで言うとライトブラウンがそれにあたります。 ライトブラウンはヘアマニキュアの白髪染めでは明るい方の色になります。 明るい色で染めた場合、染まりが薄かったり、染まるまでの途中において染まっているのか分からなくなってしまいます。 これは人の感じ方の違いにもよりますので非常に難しいのですが、白髪染めに慣れていない人ほどこの感覚になってしまします。 特に色落ちしてきた時は、ダークブラウンやブラックより早く褪色するので染まりが悪いとか、染まってなかったのかもと思ってしまいます。 ライトブラウンでも染まらないことはありませんし、自分で染めていて染まりが薄い時もあるでしょうからこの辺の感覚には気を付けて下さい。 白髪以外の黒髪が明るい髪色の方が、ダークブラウンやブラックを使うと非常に目立ってしまいます。 ヘアマニキュアの全体染めならいいのですが、部分染めだと思っている以上に目に入ってきますので気を付けて下さい。 染め上がりと、シャンプーして落とした後 今回はあえてライトブラウンで染めてみました。 白髪ではない黒髪にあわすと本来はダークブラウンで染めます。 白髪の部分を重点的に塗布して、その周りは余った染料で慣らしていく感じで行いました。 ここで気を付けないといけないのは、公式ページや説明書にある仕上がり後の色の写真と実際に染めた後の色の違いが出ることを前提にしておいて下さい。 ヘアマニキュアの色素は、髪の本来の色(アンダーカラーやアンダートーン)に影響されやすいので、自分の思っているイメージと違ってくることがあります。 特に明るい色は違いで出やすく、ダークブラウンやブラックはそれほど気になることはありません。 例えば私が行ったライトブラウンでも、一回目でこの色合になりましたが、繰り返しても公式ページにあるような明るいライトブラウンにはならないということです。 塗布した後はそのままの状態でよく、シャンプーする必要はありません。 そのまま寝てしまうと枕などに染料が移ってしまうので、寝る前はシャンプーしてしっかり落とします。 利尻白髪かくしは、シャンプーしてもほんの少し色が残り徐々に色濃くなっていきます。 ライトブラウンを一回染めて、シャンプーして落とした状態と染める前とを比べるとほんの少し色が残っています。 これが回数を重ねていくと、より染まっていきます。 ダークブラウンやブラックだともう少し色が残ります。 一回使ったスティックの保存には気を付ける 箱から開封して一回でも使ったものは、保存や持ち運びの際に気を付けて下さい。 特に染料の出し方がシュッシュ式や横を押すタイプなどは、外出先に持って行きバックなどに入れておくと自分が分からない間に押されてしまい、キャップ内に染料が出てしまいます。 今度使う時に分からないまま開けてしまうので、染料が飛び出てしまいます。 この色素は非常に小さな物質なので垂れた所に染み込んでしまします。 机や床などの木やプラスティックで表面がコーティングされていても染み込んでしまいます。 染み込んだものは、水拭きしても薄くシミみたいに残り取れませんので気をつけて下さい。 アルコールで取れますが、拭く元の傷みもありますのでご自身の判断でお願いします。 近々使う予定がない時は、筆に付いた染料は髪に塗ってしまい綺麗に拭き取って下さい。 筆に染料が付いたままにしておくと、いつの間にか染料がゆるくなってキャップ内で垂れてしまっていることがありますので気を付けて下さい。 筆先を水で洗って保存する場合は、しっかり水を拭き取ってできれば少し乾燥させた方がいいです。 ちょこちょこっと「隠す」もの。 「染める」ものではありません 利尻白髪かくしがスティック型の白髪染めで一番染まると言っても限度があります。 スティックタイプの白髪染めは内容量がどの商品でもだいたい20gしか入っていませんので、使用頻度が高いとそれだけお金も掛かります。 スティック型の白髪染めは、気付いた白髪をその場でちょこちょこっと隠すものです。 しっかり染めるものではありませんので、部分染めやリタッチで使っても手間が掛かりますし、一日でほとんど落としてしまいます。 満足がいく色にするまで何回も染めないといけないので、スティック一本では足りなくなることも多いです。 途中でやめてしまうのは、使い方のめんどくささ、あっという間に無くなってしまう容量、楽だと思っていたが逆だった、染まらないと思ってしまいます。 このようにならないためにも、部分染めに特化した白髪染めは使う理由を明確にすることが大事なのです。 利尻白髪かくしを毎日使う予定でしたら、あっという間に無くなってしまいますのでもったいないです。 使う頻度が高くなりそうな人や範囲が広くなりそうな人は断然、利尻ヘアカラートリートメントで染めた方が楽です。 時間的にも経済的にも比べ物にならないぐらい効果的ですしお得です。 利尻白髪かくしの使用目的が的確に決まっていないのなら、利尻ヘアカラートリートメントで染めましょう。 メーカー直販です。 直販キャンペーンがどのお店よりも一番安く買えます。 メーカー直販です。 直販キャンペーンのお試し価格で買えます。

次の

白髪隠しの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

白髪隠し 部分染め

年齢が上がってくると誰でも白髪が気になってくると思います。 美容院できれいにカラーの施術を行ってもらっても10日もすれば根本部分に白髪がチラホラ。 お出掛けの予定やパーティーの招待があっても、白髪が気になると何だか億劫になってしまいそうです。 そんな時には、手軽に一人でも使える「白髪隠し」が便利。 根本部分の白髪をしっかりとカバーしてくれるので自信を持ってお出掛け出来るようになります。 カラーもバリエーション豊富で自分の髪の色に近いものが選べますよ。 ここでは、「白髪隠しの種類」「白髪隠しの選び方」「白髪隠しの使い方はこれ」の各項目について説明させていただきます。 そして、ランキング形式で「おすすめ白髪隠しTOP15」をご紹介致します。 「白髪隠し」を選んでみたいという方は、是非チェックしてみて下さい。 白髪隠しの種類 白髪隠しには、その形状によって6つのタイプに分ける事が出来ます。 それぞれのタイプの特徴について見ていきましょう。 最後に気になる「ウィッグ」についても触れておきます。 サイドの髪にも使える【スティックタイプ(筆タイプ)】 スティックタイプは、先端に大き目の筆がついている形状をしています。 本体から出てくる白髪染めの液体を筆を使って白髪に直接塗布するようになっています。 このスティックタイプの大きな特徴は、サイド部分にも使いやすいというところです。 特に耳の前部分の白髪は気になる箇所ですが、その根本にもしっかりと塗布することが出来るようになっています。 スティックタイプには、コンシーラーや口紅のような形状の商品もありますが、広範囲に渡って使用する時ではなく、分け目部分や、数本の白髪を隠すというシーンでの使用に限られます。 分け目や細かい部分に塗りやすい【マスカラタイプ】 マスカラタイプの白髪隠しは、昔から販売されている形状です。 マスカラのようにブラシに白髪染め液をつけて、そのブラシで髪に白髪染め液を塗布していきます。 広範囲に使うには時間がかかりますが、分け目がはっきりとしているヘアスタイルの方や額周辺部分だけに使用する場合に重宝します。 市販のヘアカラーを扱うメーカー・ブランドでは、このマスカラタイプの白髪隠しも販売しているところが多いので、ヘアカラーを揃えて使う事が出来るという点が良いと思います。 ナチュラルにカバーできる【ファンデーションタイプ】 ファンデーションタイプの白髪隠しは、コンパクトにヘアファンデーションが入っている形状となっています。 ブラシやパフを使って、このヘアファンデーションを髪に塗布していくのですが、広範囲の白髪を手早く隠すことが出来ます。 白髪部分が伸びてきている箇所をナチュラルにカバーするので、仕上がりも自然な印象になります。 また、頭皮にも簡単に塗布できるため、薄毛の方にもおすすめです。 携帯用に便利な【パウダータイプ】 パウダータイプの白髪隠しは、携帯性が高く旅行先やジムへも持っていきやすい形状となっています。 使う時にもパフを使って頭頂部分や白髪が気になる分け目等に粉状の白髪隠しパウダーをつけるだけなので、とても手軽に使えます。 白髪にだけでなく、地肌にも使えるので、薄毛が気になる箇所にも向いています。 急な来客時にもサッと使用することが出来るので1つ持っていると重宝するタイプです。 塗りやすい【くし型マーカータイプ】 くしが先端についているマーカータイプはとても使いやすい形状です。 白髪染めでもマーカータイプは主流ですが、白髪隠しでもやはり使い勝手では群を抜いています。 特に、髪にだけ塗布できるコームのついたマーカータイプは、地肌には白髪隠しを使いたく無いという方に人気です。 広範囲に使用するのには向いていませんが、出掛ける前にサッと使う事も出来て時短にもなります。 地肌に白髪隠しを使いたくない比較的若い世代の方におすすめです。 ウィッグを使って白髪を隠す方法も! 白髪隠しを使っても良いけれど何だか面倒、と思う方にはウィッグという選択肢もあります。 確かに目が悪くなってくると白髪染めはおろか白髪隠しでさえも自分で行うのは億劫になってきてしまいます。 ウィッグはちょっと敷居が高いと思われているかもしれませんが、人工毛でノンブランドであれば数千円の商品もあります。 有名ブランドのウィッグであれば数万円程度の予算が必要かもしれませんが、一度購入すればずっと使用出来るという事を考えれば良いかもしれませんね。 白髪隠しを使う事に疲れてしまった方には、ウィッグもおすすめです。 白髪隠しの選び方のポイント 白髪隠しを選ぼうと思っても、様々なメーカー・ブランドから多種多様な商品が販売されているので、どれを選んだら良いのかわからなくなってしまいますね。 ここでは、白髪隠しを選ぶ際にチェックしておきたいポイントを見ていきましょう。 白髪隠しの色選び 白髪隠しを選ぶ際には、自分の髪の色に合うカラーがどうかが重要になります。 普段から市販の白髪染めやヘアカラー剤を使っておられる方は、同じメーカー・ブランドから白髪隠しが販売されていないかどうかをチェックしてみましょう。 同メーカーの白髪隠しを選ぶことで、自分の髪色と同じカラーに仕上げる事が出来ます。 また、普段は美容院やサロンでヘアカラーの施術をお願いしている方は白髪隠しのカラー選びは難しく感じるかもしれませんが、白髪隠しは主に根本の髪の毛に使うものなので、「少し暗めかな」と思う「ブラック」や「ナチュラルブラウン」ぐらいのカラーを選ぶようにすると落ち着いた印象になります。 成分に注目して髪に優しいものを選ぼう 白髪隠しには、地肌にも直接塗布するタイプと髪にだけ塗布するタイプとに分けられます。 地肌にも塗布する「スプレータイプ」「ファンデーションタイプ」「パウダータイプ」を選ぶ場合には、地肌につけても優しい成分が配合されている白髪隠しを選ぶようにしましょう。 特に、肌が敏感な方は、防腐剤やタール系色素、旧表示指定成分等が配合されていない商品を使うようにしておきましょう。 地肌には直接染料が塗布することがない「マスカラタイプ」や「マーカータイプ」を選ぶ時には、それほど成分には気を使わなくても大丈夫ですが、髪を出来るだけいたわりたいという方は植物由来成分や保湿成分が配合されている商品を選ぶと良いと思います。 触ったり汗をかいても落ちにくいウォータープルーフ処方がおすすめ 白髪隠しには、塗布してすぐに乾く「速乾性」に優れた商品も多くありますが、なかなか乾かずに手で触ると液体が付いてしまう商品もあります。 また、汗や水に強い商品もありますが、髪を洗うと色落ちするという商品も多いです。 ジムや運動時に使用する方は、汗をかいても落ちにくいウォータープルーフ処方の白髪隠しを選ぶようにしておきましょう。 夏場には運動しなくても地肌に汗が滲むシーンが多いので、出来るだけ汗で落ちにくい商品を選ぶと良いでしょう。 一方、出掛ける時だけに使用して、用事が無い時には地肌と髪を休めておきたい方は、水に強くない商品でも良いわけですから選択肢が増えてきます。 いずれにしても使うシーンを考えてから白髪隠しを選ぶようにしましょう。 【番外】全体を隠したいなら徐々に染まるトリートメントがおすすめ 白髪隠しではありませんが、全体をカバーしたいのであれば「白髪染めトリートメント」もおすすめです。 白髪染めトリートメントは、一度の使用で髪を染められる力はありませんが、毎日使用することで無理なく自然に白髪染めが出来るため、非常に人気が高くなっています。 白髪染めに比べて、トリートメントというだけあり髪に優しい成分が配合されているところが大きな特徴です。 髪や地肌にダメージを出来るだけ与えずに髪を染めたいという方には、白髪染めトリートメントも良いと思います。 白髪隠しの使い方はこれ 白髪隠しのタイプは様々ありますが、ここでは一般的な「ファンデーションタイプ」を使う手順をのせていきたいと思います。 1.まずは準備をします 白髪隠しを使う前に、汚れても良いように準備をしておきます。 ファンデーションタイプは粉状のヘアファンデーションを使用するので、服に付かないようにケープやタオルを首に巻いておきましょう。 また、髪をよくとかしておき、汚れや抜け毛をあらかじめ取り除いておきます。 2.スポンジにヘアファンデーションをとります スポンジ(またはブラシ)にヘアファンデーションを含ませて、白髪が気になる箇所と地肌とにつけていきます。 最初から多目にべったりと塗布するのではなく少量ずつ丁寧に塗布すると均一に付ける事が出来ます。 根本部分を狙って、髪を引くようにしながらつけていくと自然な雰囲気になります。 塗る箇所は、根本から離れた場所から塗布していき、片方の手を添える様にして髪を固定しておきます。 3.分け目部分を確認します 髪型によって白髪隠しを使いたい場所が異なりますが、分け目部分をきれいにしておくことは最も重要です。 頭頂部や分け目部分にはしっかりと塗布するようにしましょう。 最後に、細かい箇所も見落とさないようにしていきます。 顔周りや狭い部分に塗布できているかどうかを確認しておきましょう。 また、塗りにくい耳の前部分にも塗り忘れがないかどうかをチェックしておきましょう。 白髪隠しおすすめランキングTOP15 ランキング形式で、白髪隠しおすすめTOP15をご紹介致します。 話題商品、地肌に優しい処方の商品、有名メーカーの商品等を中心にピックアップしてきたいと思いますので、是非チェックして下さい。 15位 ブローネ ヘアマスカラ カラーバリエーション ダークブラウン、ナチュラルブラウン、ナチュラルブラック、ライトブラウン 内容量 12ml タイプ マスカラタイプ その他効果 ウォータープルーフ処方 プチプラだからチャレンジしやすい! こちらはマスカラタイプの白髪隠しです。 技ありロングブラシは髪の毛が絡まりにくいだけでなく広い範囲も一気に塗れるのでとても便利です。 使う前にブラシでよく髪の毛を解かすと使いやすさもアップしますよ!先端が軽くカーブしているので、ちょっとした気になる部分にも塗布しやすいです。 ウォータープルーフ処方で汗や水にも強いため、汗をかきやすい夏場にもいいですね!4色もあるので髪色に近い色を選びやすいです。 ヘアマスカラタイプなのですが、速乾性があり約30秒ほどで乾くそう。 これはひと塗りで、なので何回か重ねて塗る場合は時間に余裕を持って使うのがおすすめです! 14位 セシール ビューナ ポンでふんわり白髪隠し カラーバリエーション ダークブラウン、ソフトブラック 内容量 10g タイプ マスカラタイプ その他効果 使う度目立ちにくくなる マスカラタイプだから、髪の毛にピンポイントで付けやすい! マスカラタイプは全体的に白髪がある方ではなく、ピンポイントで白髪がある方向けです。 染毛効果もあり、使い続けることで白髪が染まり目立ちにくくなるのも嬉しいです。 ですが、色選びには注意!ツヤが出るピンポイントで使うからこそ色味が全然違うと不自然にも見えてしまいます。 乾く時間は5分程度かかります。 念のため10分ほど置くと触っても安心ですね!それまでは触れないので、服を着てから、出掛ける時間に余裕を持って、など気をつけることが必要です。 12位 SMHヘアファンデーション カラーバリエーション ブラック、ダークブラウン、 ライトブラウン 内容量 12g タイプ パウダータイプ その他効果 ー パフと一体型だからテクニックは不要! パフと微細のパウダーが一体型なので軽くポンポンするだけでOKの楽チン仕様。 特別なテクニックは不要なので使いやすいです。 思い切りトントン付けてしまうのではなく、軽く様子を見ながら濃さを調節していけます。 コラーゲンやヒアルロン酸、そして9種類の天然由来成分配合、さらに香料フリー・パラベンフリーで頭皮にも優しいのは嬉しいです。 合わせて仕上げのヘアスプレー、スーパーミリオンヘアスプレーを使うことで雨や風などに強くなるので気になる方は合わせて使うと外出先でも安心です! 11位 DHC Q10クイック白髪かくし 毛髪着色料 カラーバリエーション ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン 内容量 4. 5g タイプ パウダータイプ その他効果 ウォータープルーフ処方 携帯できるからいつでもどこでも白髪をリタッチ! 手のひらにすっぽりおさまるコンパクトなサイズ感なので外出先にも持っていきやすいです。 ブラシが斜めにカットされているので生え際に使いやすい仕様です。 パウダータイプなので髪の毛につけるというよりは地肌につくようなイメージがいいかと思います。 その為つけながら様子見をして足りなければ少しずつ足していくと失敗は少ないかもしれません。 嬉しいウォータープルーフ処方なので夏場や雨風の時にも使いやすいですね!美容成分も配合されています。 10位 POLA グローイングショット カラークイック ブラシ カラーバリエーション ブラック、ブラウン 内容量 10ml タイプ マーカータイプ その他効果 ー ふんわりとした仕上がりの白髪隠し ポーラの白髪隠しで、髪を固めずにふわっとした仕上がりが魅力の商品です。 カラー成分とともにうるおいコーティング成分が配合されていて、しなやかな感触。 髪にうるおいとカラーを与えてしっかりとキープしてくれます。 美容成分が配合されており、ツバキオイル、真珠エキス、オタネニンジン根エキスが配合されているというから、これは髪に良さそうですね。 髪につけてもしっとりするので、白髪隠しとしては高品質なのを感じます。 出掛ける前にサッと使用出来て水にもある程度強いです。 マーカータイプで地肌には塗布しないタイプで、手を汚さずにつけられるところが嬉しいですね。 生え際2~3cm使用で、約30~40回分も使えるというから、案外とコスパが良いように思います。 9位 ホーユー シエロ コーミングカバー カラーバリエーション ナチュラルブラック、ダークブラウン、ナチュラルブラウンライトブラウン 内容量 9ml タイプ マーカータイプ その他効果 地肌が汚れにくい 市販のシエロヘアカラーを使う方にはこれ! ホーユー シエロの白髪隠しです。 こちらはカラー展開が全4色で、シエロヘアカラーの全カラーに対応する色が選べるところが良いと思います。 普段からシエロヘアカラーを愛用している方はこちらの白髪隠しがおすすめです。 使いやすさはとても良いです。 5本のくしと4本のマーカーが交互に並んでいるので、根本からとかすだけで生え際や分け目の細かい白髪も簡単にかくせます。 引用: 地肌が汚れにくい構造になっているので、地肌に白髪隠しの液をつけたくない方は必見です。 使った日1日の白髪隠しという意味では大助かりする商品だと思います。 髪もパサつかずに良い感じで一日過ごせます。 カラーも4色から選べるので自分の髪色になじむ色を選ぶことでナチュラルな仕上がりになれます。 汗程度では落ちないですが、もちろん洗髪で洗い流すことが出来ます。 価格も非常に安く続けやすいところも良いと思います。 8位 アデランス ヘアプラス ビューファンデパウダー カラーバリエーション ナチュラルブラック、ダークブラウン 内容量 8g タイプ パウダータイプ その他効果 ー 気になる部分にポンポンするだけで白髪と薄毛をカバー アデランスの白髪隠しで、パウダータイプの商品です。 気になる箇所にポンポンするだけで白髪も薄毛もカバーできるという優れものです。 カラー展開は2色で、ナチュラルブラックとダークブラウンから選べるようになっています。 また、4種の天然由来成分が配合されています。 ミネラル成分も配合されている上、シリコンフリー、アルコールフリー、パラベンフリー、フェノキシエタノールフリーとなっています。 こちらのパウダー白髪隠しと一緒に、専用ミストを使うことで雨の日でも自信を持って外出できるようになるということです。 落とす時にはシャンプーで落とせるようになっています。 価格帯は若干高めではありますが、白髪隠しとしてだけでなく、薄毛もカバー出来るところが良いと思います。 ポイント使いに使用するタイプで、何と眉にも使用出来る優れもの。 眉の白髪が気になる方には嬉しいですよね。 カラーバリエーションは、ダークブラウン、ナチュラルブラウン、ライトブラウンの3色で、自分のヘアカラーに近いカラーを選ぶ事が出来るようになっています。 美容液成分が配合されており、ヒアルロン酸、コラーゲン、ローヤルゼリーエキス、カミツレエキス、コンブエキス等が配合されているので、潤いに期待が出来そうです。 髪色に合うカラーを選べば、自然な仕上がりになり白髪隠しを使ったようには見えません。 皮膚刺激テスト済み(全ての方に皮膚刺激が起こらないというわけではありません)。 水や汗に強く落ちにくいという特徴があるので、ジム等でも使用出来るところが良いと思います。 マスカラタイプなので細かい部分にも塗りやすく、耳周りや生え際もきれいにカバー出来ます。 落とす時にはシャンプーで簡単に落とすことが出来るようになっています。 高品質なのに価格が安いところも良いと思います。 6位 ウエラ ウエラトーン リタッチコンシーラー カラーバリエーション ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン 内容量 2. 1g タイプ ファンデーションタイプ その他効果 ウォータープルーフ処方 使いやすいウィータープルーフ仕様 ウエラの白髪隠しで、パレットに入ったファンデーションタイプです。 こちらはファンデーションのようにミラーがセットされているので、どこででも気軽に使用出来るところが魅力。 色展開は全3カラーで、ブラック、ダークブラウン、ライトブラウンから選べるようになっています。 これは日本人の髪色をカバーする3シェードということなので、嬉しいカラー展開ですね。 市販のウエラトーン(白髪染め)を使用している方は、対応色が記載されているので髪色に馴染むところが良いと思います。 普段から市販のウエラトーンを使っておられる方にはこちらの白髪隠しをおすすめします。 水や汗に強いウォータープルーフ処方なので、汗ばむ季節にも使えるようになっています。 落とす時にはシャンプーで簡単に落とすことが出来ます。 ファンデーションタイプですが、ブラシでヘアファンデーションを塗布するようになっています。 密着パウダーが毛髪1本1本に自然につくので、毛束にならずに自然な仕上がりが期待出来そうです。 価格帯もリーズナブルなので、買いやすく使いやすいところが良いと思います。 5位 アロエ製薬 クイックヘアカラー カラーバリエーション ダークブラウン 内容量 10ml タイプ スティックタイプ その他効果 徐々に染まる 塗ってそのままお出掛けできる速乾性 アロエ製薬の白髪隠しです。 こちらは、スティックタイプでくしが付いていて使いやすい仕様です。 数回塗ることで気になる白髪をカバーすることが出来る白髪染めという位置付けですが、1分で乾くので使ってすぐに出かけられるところが嬉しいですね。 アロエエキスが配合されとり、植物由来の着色料を採用しています。 ヘアケアにこだわりのある方には、こういった髪にダメージがない商品がおすすめです。 カラーは髪になじみやすいダークブラウン。 使う時にマーカー部分だけが髪に触れる構造を採用しているので、頭皮につく心配もありません。 使用しているアロエは、こだわりのアロエで無農薬栽培をしているということですよ。 自然派の方にぴったりの白髪隠しだと思います。 価格も高品質な割にリーズナブルなので、続けられるところも良いですね。 4位 プランドゥ ヘナと椿の白髪隠し黒豆ファンデ カラーバリエーション ブラック、ダークブラウン 内容量 12g タイプ ファンデーションタイプ その他効果 汗や水に強い しっかり白髪を色付けたい時に こちらは通販でもお馴染みの商品で、頭皮と髪をいたわる保湿成分が配合されているという特徴があります。 「精油・ヘナ・大豆エキス」が配合されているので、髪がしっとりするのではと期待出来ます。 コンパクトに入っているエマルジョンタイプのゲアファンデーションで、専用パフで塗布するようになっています。 ミラーも付いているので携帯してどこででも使用出来る手軽さも良いと思います。 髪がしっかりと色づいて、汗や水に強いので汗をかく季節でも使用出来るところが嬉しいですね。 カラー展開は2色で、ブラックとダークブラウンとから選べるようになっています。 白髪隠しとしてはもちろん、薄毛部分にも使用出来るので、頭頂などの薄毛が気になる箇所に使用することでカバーすることが出来ます。 価格帯は若干高めですが、多機能商品なので妥当ではないかと思います。 3位 資生堂 プリオール ヘア ファンデーション カラーバリエーション ブラック、ダークブラウン、ブラウン 内容量 3. 6g タイプ ファンデーションタイプ その他効果 汗や水に強い 見つけた白髪を一瞬でメーク 資生堂のプリオールブランドの白髪隠しです。 こちらは、ファンデーションタイプで専用ブラシで塗布するようになっています。 きれいなコンパクトに入っているゲアファンデーションで、携帯性にも優れています。 1本1本にピタッとフィットするふんわりカバー処方。 油性基剤に大きさの異なる粉末をバランス良く配合。 重くならない自然な仕上がりを実現。 引用: 雨や汗にも強いタイプなので、ジムなどでも使用出来ます。 色落ちしにくいのに、落とす時にはシャンプーで簡単に落とすことが出来ます。 カラー展開は全3色で、「ブラック」「ダークブラウン」「ブラウン」から選べるようになっています。 より色持ちをよくしたい場合には、セット効果のあるヘアスプレーを使用することを推奨しているのだそうですよ。 ヘアファンデーションのコンパクトも美しく高級感があるところも良いと思います。 価格帯が非常にリーズナブルなところも嬉しいですね。 2位 ドクターシーラボ 簡単白髪かくし ボリュームパウダー カラーバリエーション ソフトブラック、ダークブラウン 内容量 8g タイプ パウダータイプ その他効果 美容成分配合 美容成分配合の白髪隠し ドクターシーラボの白髪隠しで、パウダータイプの商品です。 微粒子パウダーが隙間を埋めながら髪1本1本に付着していきます。 パウダーは飛び散ることもなく携帯性にも優れていてどこででも使えるようになっています。 カラー展開は2色で、ダークブラウンとソフトブラックとから選べるようになっています。 髪と地肌に優しい美容成分が配合されています。 ダメージを受けた髪をケアする海藻エキス、黒真珠プロテイン、髪にうるおいを与える柚子果実エキス、コラーゲン、ヒアルロン酸等が配合されているので、髪にも地肌にも優しい処方となっています。 ショート、ミディアム、ロングのどの髪型にも使用出来る白髪隠しなので、男女問わず使用出来る商品です。 同シリーズのミストと併用することで、髪にしっかりと密着して汗や水にも強くなるということですよ。 無香料、無合成着色料、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリー、ノンシリコン、アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起こらないというわけではありません)。 落とす時にはシャンプーで簡単に落とすことが出来ます。 価格は若干高めですが、高品質なので妥当だと思います。 髪や頭皮をいたわる天然由来成分100%。 敏感肌の方でも使用出来るという優れものです。 広範囲の白髪や薄毛をふんわりと自然にカバーしてくれます。 クリームのようなヘアファンデーションをパフにとって塗布していくタイプで、少量ずつ丁寧につけていくことでナチュラルな仕上がりが実現します。 シリコンフリー、石油系合成界面活性剤・鉱物油・合成色素・合成香料・合成保存料一切不使用となっています。 カラー展開は、ダークブラウン、ライトブラウン、ブラックの3色から選べるようになっています。 椿油、カミツレエキス、ローズマリーエキス等の成分も配合されているので、成分だけを見ても期待出来そうです。 水や汗には強くはありませんが、ちょっとした外出時には重宝するでしょう。 価格は若干高めですが、高品質で地肌が弱い方でも使用できるということなので、価格以上の価値があるように思います。 ヘアマスカラの売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、ヘアマスカラの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 白髪が気になる方はこちらもチェック! 白髪隠しを上手く使って楽しくお出掛け ヘアカラーとヘアカラーの間の期間に、白髪が出てきてしまうとガッカリしてしまいますね。 でもそんな時にお役立ちしてくれるのが白髪隠しです。 外出前にサッと使うだけで、いつも通りのきれいな髪が実現できちゃいます。 根本部分にだけ白髪隠しを使うだけでなく、薄毛を効果的にカバーする商品も数多く販売されています。 白髪と薄毛の両方のお悩みを同時にカバー出来るのも、白髪隠しならではの魅力ですね。 ランキングでピックアップした白髪隠しは、話題商品、人気商品、ロングセラー商品を集めてみました。 白髪隠しを選ぶ際に、少しでも参考にしていただければ、と思います。 白髪隠しを活用して、楽しくお出掛け出来ますように。

次の