アレクサ 黄色 の 点滅。 Amazon Echoが黄色に点滅する理由と対処法

LEDで知らせてくれるAmazon Echoの「通知機能」を使って分かったこと (1/2)

アレクサ 黄色 の 点滅

音声認識AIアシスタントを搭載したスマートスピーカーAmazon Echoシリーズが人気を集めています。 そこで本記事ではAmazon Echoシリーズに搭載されているAIアシスタント「Alexa(アレクサ)」ができる事について紹介します。 AIアシスタント「Alexa(アレクサ)」とは? アレクサはECサイトとして有名なAmazon社が開発したスマートスピーカーAmazon Echoシリーズに搭載されている 音声認識AIアシスタントのことです。 アレクサは人の言葉を認識しさまざまな応答に対応してくれる次世代型の人工知能です。 音声コマンドを使用した操作ができるので、家事をしている時や手が離せない時でも、話しかけるだけで音声操作が出来るのが魅力的ですね。 音声を認識して応答してくれるだけでなく、指示される言葉を理解して学習することで日々進化を続けています。 Amazonが提供するサービスとの連携はもちろん、音楽や映像サービス、スマート家電との連携など多彩な機能が最大の魅力です。 毎日の生活を快適にしたい人にはおすすめです。 スマートホームを実現するためのアレクサを搭載したAmazon Echoシリーズには、機能と価格の異なる次の5機種が発売されています。 好みのスペックや生活スタイルに合わせて、自分に合ったAmazon Echo機種を選びましょう。 ・基本モデル「Amazon Echo」• ・コンパクトで安価な「Amazon Echo Dot」• ・上位モデル「Amazon Echo Plus」• ・コンパクトでディスプレイ付きモデル「Amazon Echo Spot」• ・ディスプレイ付き上位モデル「Amazon Echo Show」 Amazon Echoシリーズ製品の購入はAmazonサイトからの注文することもできますし、家電量販店で購入することもできます。 家電量販店であれば展示品を実際に使ってみることもできるので気になる方は実際に使ってみると良いかもしれませんね。 アレクサの初期設定方法をわかりやすく解説 アレクサは、スマートフォン端末にダウンロードした無料のアレクサ専用アプリから簡単に設定する事が出来ます。 Android版はGoogle Play、iPhone版はApp StoreからAmazon Alexaアプリをダウンロードしてください。 アレクサの初期設定の方法を各手順ごとにご紹介します。 おおまかな流れは次の通りです。 1.Amazon Echoの電源を入れる• 2.アレクサの専用サイトにログイン• 3.Amazon Echo のWi-Fi接続をセットアップ• 4.スマートフォンからWi-Fi設定をする• 5.Amazon EchoをWi-Fiに接続する 必要なものは購入済みのAmazon Echo本体とAmazonで利用しているE-mailアドレス、パスワードです。 手順1.Amazon Echoの電源を入れる アレクサの専用サイトにアクセスする前に、Amazon Echoの電源をオンにします。 電源を入れて、Amazon Echo本体のライトが青色に点灯したら設定準備は完了です。 スマートフォンにダウンロードしたAmazon Alexaアプリの手順に従って初期設定を開始しましょう。 手順2.アレクサの専用サイトにログインする Amazon Alexaアプリを起動すると、Amazon Alexaのログイン画面が表示されます。 Amazonで利用しているE-mailアドレスとパスワードを入力しましょう。 ログイン出来たら「Alexaへようこそ!」と表示されたホーム画面が開きます。 設定をタップして、表示されたセットアップデバイスの中から利用するAmazon Echoを選択します。 手順3.Amazon EchoをWi-Fi接続のセットアップモードにする Amazon Alexaアプリに表示されたセットアップ画面で「Wi-Fiに接続」ボタンをタップします。 Amazon Echo本体のライトが青色からオレンジ色に変わると、セットアップモードが開始されます。 手順4.スマートフォンからWi-Fi設定をする スマートフォンの設定アイコンから、Amazon EchoのWi-Fiの設定を行います。 Wi-Fiのなかから、表示されているAmazon Echoを選択してください。 Amazon EchoがWi-Fiに接続されるとAmazon Alexaアプリには「Echoに接続されました」と表示されます。 手順5.Amazon EchoをWi-Fiに接続する Amazon Alexaアプリから、Amazon EchoのWi-Fi設定を行います。 「Wi-Fiネットワークを選択」画面で、利用しているWi-Fiネットワークを選択しましょう。 Wi-Fiネットワークのパスワードを入力して「接続」ボタンをタップします。 「セットアップ完了」と表示されれば、Amazon Echoの初期設定は完了です。 セットアップが完了したら、まずはアレクサに話しかけてみましょう。 アレクサのチュートリアルが表示されるので試してみるとよいでしょう。 アレクサで各ユーザーに合わせたおすすめ設定について紹介している記事もあります。 興味のある方はぜひご覧ください。 例えば「アレクサ、明日の天気は?」と聞くと、Amazonアカウントに登録してある地域の明日の天気予報を答えてくれます。 また「アレクサ、今日の予定は?」と聞くと、カレンダーサービスと連携してスケジュールを教えてくれます。 Alexaアプリも音声コマンドに対応している Android版AlexaアプリとiOS版Alexaアプリでも音声コマンドが対応されています。 天気や音楽以外にも、スマートホームの操作が可能になります。 天気予報は画面上に表示される為、Amazon Echoに話しかけるよりも分かりやすいです。 機能によっては「英語版のみ対応」の場合もありますが、順次日本でも対応されていくので期待して待ちましょう。 ただし随時待ち受け機能には非対応なので「アレクサ」の呼びかけには対応できません。 まずはアプリで操作を行い、快適で自分の生活に合っていると感じたらAmazon Echoシリーズを購入するのも良いかもしれませんね。 Amazon Echoはマイクの集音性能が高い Amazon Echoシリーズは機種にもよりますが、周囲の雑音をできる限り遮断する特徴があり、集音性に優れています。 つまり高品質の音質はもちろん外部からの声による指示を正確に聞き取る機能が搭載されているのです。 Amazonは、他社に先駆けてスマートスピーカーの開発に着手してきた歴史があります。 多彩な使い方で生活をより便利にできるAmazon Echoは今後の進化にもさらに期待が持てるといっても過言ではないでしょう。 アレクサでできることとおすすめスキルを紹介 アレクサには、 スキルと呼ばれるAmazon Echoに追加することで機能を拡張できる特徴があります。 アレクサスキルとは、スマートフォンで利用するアプリのようなもので、好みのスキルを追加することで多彩な機能の利用が可能になります。 アレクサスキルを追加する方法は、Alexaアプリのホーム画面のメニューで「スキル」を選択します。 キーワードを入力して検索、または希望のカテゴリーの中から追加したいスキルを選びましょう。 対象のスキルを「有効にする」ボタンを押すとスキルが追加されます。 全世界のアレクサスキルの数は70,000個以上あり、日本国内のアレクサスキルの数においても2,000個以上となります。 スキルは日々増え続けています。 アレクサの機能をより快適に活用するためにはスキルの追加は必須ともいえますね。 しかし幅広いジャンルの中から、どんなスキルを選べばよいのかと迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?そこで、便利に使える人気の高いスキルを簡単にご紹介します。 アレクサ初心者の方におすすめのスキル4選• 天気・災害• radiko. jpは、「アレクサ、ラジオをかけて」と指示すると、お気に入りのラジオ放送をAmazon Echoで視聴することができます。 Yahoo! 天気・災害は、アレクサに必須のスキルのひとつ。 「アレクサ、今日の天気は?」と聞くと、周辺地域の天気予報をすぐに教えてくれます。 ピカチュウトークは、ピカチュウとの会話を楽しめる人気のスキル。 「アレクサ、ピカチュウをよんで」と指示すると、ピカチュウが元気に返事をしてくれますよ。 アルクの英語クイズは、英語のリスニング力を高められる学習スキルです。 楽しみながら英語力を身につけられますね。 ビジネスに活用できるおすすめのニュース系スキル4選• ニュース• ニュース系スキルにはさまざまな種類があるので、好みに合わせて選んでみてはいかがでしょう。 「アレクサ、今日のニュースは?」「アレクサ、フラッシュニュースを教えて!」と聞くと、ニュースサイトでアクセス数の高い最新のニュースをアレクサが答えてくれます。 他にもスポーツや株価情報に特化したニュース系スキルもあるので自分の好みのニューススキルを探してみると良いでしょう。 レシピ検索におすすめのスキル レシピの検索に役立つスキルです。 料理名はもちろん、食材を指定して検索することも可能です。 DELISH KITCHENの簡単レシピ検索は、豊富なメニューのなかから、最適なレシピを提供してくれる一押しのスキル。 メニューに困ったときは「アレクサ、デリッシュキッチンの今日のオススメを教えて!」なんて聞き方もできますよ。 他にも、スマート家電との連動などスキルを追加することで、「アレクサでできること」が格段に増えるといっても過言ではありません。 生活スタイルや好みなどに合わせて、最適なスキルを追加してみてください。 また、追加しているスキルは、Alexaアプリでいつでも確認することができます。 おすすめのアレクサスキルについてはこちらの記事でも詳しく解説しています。 気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。 【関連記事 】 音楽配信サービスによる音楽再生の魅力 Amazon Echoの最大の魅力として、音楽配信サービスと連動した 音楽再生機能があげられます。 Amazon Echoを含めたスマートスピーカーの醍醐味ともいえる機能ですよね。 もちろん、プレイリストの作成も可能です。 音声コマンドを使用して音量調節や一時停止、再生している楽曲の情報を聞くこともできます。 Amazon Echoに対応している音楽配信サービスは以下の通りです。 当然同じAmazon製のアレクサとの相性は抜群です。 特にこだわりのない人であればおすすめの音楽配信サービスです。 Prime Music Amazonプライム会員限定の音楽配信サービスです。 Amazonプライム会員の方なら追加料金なしで利用することができます。 Amazon Music Unlimitedに比較すると提供される楽曲数は100万曲と少ないものの、Amazonプライムの付加サービスとして魅力的なサービスといえますね。 dヒッツ NTTドコモが提供する音楽配信サービスです。 dアカウントを取得すればドコモ以外のユーザーの方も利用可能となります。 月額300円で邦楽を中心とした楽曲プログラムは実に6,000以上が聞き放題なことも嬉しいポイントですね。 うたパス KDDIが提供する音楽配信サービスです。 auユーザーとiPhoneまたはiPadユーザーが対象ですが、毎日更新される4000ものプレイリストが特徴のひとつ。 さらには、月額324円のリーズナブルな利用料金も魅力といえます。 Spotify Spotifyの利用について、以前はアメリカのAmazon Echoでは使えていましたが日本では使えませんでした。 Amazon EchoユーザーがAmazon Musicを利用する人が多いですが、Amazon Echoと共に人気のスマートスピーカーGoogle HomeのユーザーはSpotifyを使っている人が多いです。 利用できる音楽配信サービスでGoogle Homeを選んでいたユーザーにとっては選択肢の広がる対応となりました。 Spotifyは月額980円で4,000万曲以上の楽曲を楽しむことができます。 AWA 世界最大規模を誇る音楽配信サービスです。 提供される楽曲数は4,500万曲以上です。 気に入った曲をダウンロードして保存しておくことも可能です。 アレクサで音楽を聴く方法や対応する音楽配信サービスについて詳しく紹介している記事もあります。 興味があればぜひご覧ください。 【関連記事 】 家電操作をするならスマートリモコン機器がおすすめ スマートリモコンとは、テレビ・エアコン付属の赤外線リモコンを学習し、家電を操作するための赤外線を発信する事ができるリモコン機器です。 スマートリモコンがあれば、家の中にあるリモコンを1つのスマートリモコンにまとめる事ができます。 また、スマートフォンの専用アプリから操作する事も可能です。 家の中で操作できるだけでなく、外出先から帰る前にエアコンをつけておくことができるので、とても便利です。 アマゾンエコーと連携させる事でテレビのチャンネルの切替・音量調整、照明家具のONOFFの切替、近くにエアコンが無くてもモード・設定温度の変更が可能です! Amazon Alexaに対応しているスマートリモコンのみ 音声操作ができます。 Amazon Echoで操作できるスマートリモコン 下記のスマートリモコンがAmazon Echoで使えるAmazon Alexa対応商品です。 それぞれ設定方法やセットアップ方法は異なるので注意してください。 機種 特徴 価格 ラトックシステム RS-WFIREX3 ・テレビ1台・エアコン1台・照明2台まで音声操作可能。 ・音量やチャンネルなど細かい設定が音声のみで可能。 ・音量や温度切り替えがAlexaから可能。 ・音量や温度切り替えがAlexaから可能。 ・スマホアプリで外出先からでも操作可能。 ・スマホアプリで外出先からでも操作可能。 ・アプリで外出先からでも操作可能。 購入をお考えの方はぜひ参考にしてください。 【関連記事 】 アレクサがあればあなたの生活はもっと快適に 使うたびに学習して進化するアレクサは、あなた専属の秘書のような存在です。 Amazon Echoシリーズに対応するスキルは多く、日々増え続けています。 スマートリモコンなどの対応する機器もあります。 より快適な生活を送るためにもAmazon Echoを購入してアレクサのサポートを受けた生活をしてみましょう。 Amazon Echoシリーズと共に人気のあるGoogle Homeシリーズでできることについてまとめている記事もあります。 気になる方はぜひご覧ください。 【関連記事 】.

次の

Amazon Echo dot【アレクサ】黄色のライト点滅の意味は?故障じゃないよ | 買ったものレビュー

アレクサ 黄色 の 点滅

2018年9月5日から、国内向け Alexa 端末でも「Alexaコール・メッセージ」機能が使えるようになりました。 ということで、今回はその使い方について説明します。 「Alexaコール・メッセージ機能(コミュニケーション機能)」は、Amazon Echo などの対応端末同士で、通話やメッセージ送信ができる機能。 例えば、キッチンから書斎へ「ご飯できたよー」と通話したり、連絡先に登録された家族や友人の Echo へ通話、メッセージを送信することができます。 実は、Amazon Echo 以外にも、スマホ版 Alexa アプリからも使うことができるので、外出先から自宅への通話や、自宅の様子を確認するのにも便利な機能と思います。 ご飯できたよー、くらいならアナウンスの方が便利かも。 「Alexaコール・メッセージ機能」を登録する 「Alexa コール・メッセージ機能」を使うには、初回のみ登録作業が必要です。 まずは、下側メニューの吹き出しから「Alexa コール・メッセージ機能」を開きます。 画面の指示にしたがってセットアップをしてください。 必要に応じて、途中で電話番号の認証を行う場合もあります。 進んでいくと連絡先のアクセス許可画面になるので、許可します。 そのまま画面の指示に従って進んでいけば、Alexa コール・メッセージ機能が有効になります。 Alexaコール機能で通話する 「Alexaコール機能」では、デバイス名、または連絡先を指定して通話をすることができます。 具体的には、Alexa に以下のように話しかけると通話することができます。 「アレクサ、キッチンと通話して」• 「アレクサ、書斎と通話して」• 「アレクサ、佐藤さんと通話して」 このときのデバイス名は、Alexa アプリの「Alexaデバイス」に登録された名称を使います。 Alexa デバイス名は「キッチン」など、部屋の名前にしておくのがオススメですが、「キッチンの Echo Spot」といった名前でも、Alexa がうまく見つけてくれます。 (ただし、対話の回数が増えがちなのでオススメはしません。 ) また、連絡先に登録された相手の名前を指定しての通話もできます。 カメラ付きの Echo を使った場合は、相手の映像を見ることも可能です。 掛かってきた通話の取り方はこんな感じです。 「アレクサ、電話に出て」• 「アレクサ、通話に出て」 Alexaメッセージ機能でメッセージを送る 他の Alexa にメッセージを送るには、以下のように Alexa に話しかけます。 「アレクサ、~にメッセージを送って」 送信するメッセージの内容は、Alexa との対話の中で伝えます。 メッセージを受信した場合は、スピーカータイプの Alexa の場合は通知リングが黄色に点滅、画面付きデバイスの場合は画面に吹き出しが表示されます。 受信したメッセージを確認するには、こんな風に Alexa に話しかけましょう。 「アレクサ、メッセージを読んで」 あとは、Alexa がメッセージを読み上げてくれます。 もう一回読み上げて欲しいときは、「アレクサ、メッセージをもう一回読んで」と言えばOKです。 「呼びかけ」が有効な連絡先からは、許可無しで通話開始される 個別の連絡先ごとに「呼びかけ」機能を有効にすれば、「アレクサ、呼びかけて」と話すだけで他のEchoからの通話を受けることができます。 「呼びかけ」では、モーションセンサーとの組み合わせで在室確認もできるとのことですが、現在のところ、手元の Echo Spot ではこの機能が使えるようには見えませんでした。 「呼びかけ」機能を有効にした相手からは、 許可なしでカメラ付き Echo などの映像を確認できるため、外出先から自宅の様子を確認するときなどに便利です。 大変便利な「呼びかけ」機能ですが、寝室や脱衣場など、プライバシーが必要な部屋にカメラ付き Echo などが設置されている場合は、機能をオフにしておいた方が良いと思います。 公式情報:•

次の

【Alexa】Amazon Echo(エコー)が黄色く点滅している時の対処方法

アレクサ 黄色 の 点滅

アレクサの「定型アクション」は本当に便利で、ウチのスマートホームの要であります。 この機能、(ちょっとおバカな) アレクサさんをとてつもなく成長させるものなので、ぜひその使い道をシェアしたく、以下にまとめてみました。 ちなみに定型アクションというのは、どういうものかというと、以下の図の通りです。 「何かをきっかけに( 実行条件)」アレクサが指定の操作( アクション)をしてくれるんですね。 アプリでルールを設定することによって、アレクサに自分に最適なルールを教育させるようなものですな。 そんな定型アクションの便利な使い道を、我が家で作った仕組みを交えながら紹介します!• Alexaのおしゃべり(任意のセリフを読み上げ)• IFTTT NEW!! (IFTTTアプレットの実行)• カレンダー(予定を知らせる)• サウンド(特定の音を出す) NEW!! スキル(カスタムスキルの利用) NEW!! スマートホーム(デバイスの制御)• デバイスの設定(音楽停止や音量)• ニュース(フラッシュニュースの読み上げ)• ミュージック(指定の音楽を再生)• メッセージ(スマホに通知を送信)• 待機(1分〜の待機動作)• 天気(天気の読み上げ)• 日付と時刻 NEW!! が直近6ヶ月以内に追加された機能です。 これは予告なく機能追加されていることが多いので、随時メンテしていきますね。 この2つを足し算して、ルールを作るイメージです。 簡単便利に作れる仕組み まずは、私が使ってきた中で、簡単便利だった仕組みをご紹介します。 スキルを自分の好きなセリフで動作 定型アクションでは、 アクションにスキルを設定することが可能です。 ここに 実行条件の「開始フレーズ」に、フレーズ入力すると、そのセリフでアレクサのスキルを呼び出すことができます。 設定したフレーズを話しかけると、アレクサが指定した アクション(この場合、スキル)を実行してくれます。 ここでは、というデバイスと連携させてから、設定します。 複数家電を操作するときは、グループ機能である程度まとめておいてから利用するとラクに設定できます。 スマートホーム製品との連携については、以下の記事もご参考ください。 色々なとこで試したが、Echo Flexを玄関付近のコンセントに挿してモーションセンサーの反応で天気予報言わせるの地味にめっちゃ便利だな。 実行条件の 「スマートホーム」で「モーションセンサー」を設定するのがポイントです。 私は、 アクションに 「今日の予定を読み上げる」と 「天気予報」を設定しています。 こうすることで、出かけに忘れ物や傘を忘れないようにする仕組みを作っています。 逆に帰宅時には、 アクションに「Alexaのおしゃべり」を設定することで、「おかえりなさい」といってもらったり、自室のアレクサに「音楽をかけてもらう」ということもできます。 PCでの作業や勉強に集中していると、ずっと椅子に座ったままなので、腰も悪くなったり健康にもあまり良くないですよね。。。 そういったときには、アレクサで強制的に体を動かす仕組みを作っちゃいましょう。 実行条件の 開始フレーズに例えば「作業開始」と設定し、 アクションに 待機(1時間)と ミュージックから「ラジオ体操第一」を設定しています。 作業を始めるときに、以下のように話しかければ、1時間後にラジオ体操が流れます。 帰宅時はイヤホンで風呂を入れ、スマートウォッチからpopIn Aladdinをオンにする。 自宅前でアレクサという名のドアマンに話しかければ、オートロックが開き自宅の鍵も解錠、キーレスでスムーズに帰宅する。 これは 実行条件:開始フレーズに「アレクサ、風呂」を設定、 アクション:スマートホームに「Switch Botで給湯リモコン」をオンという設定にして、外出先からアレクサに話しかけることで風呂を入れています。 これで、家に帰ったら即風呂に入り、上がったらホームシアターで映画が見れます。 私一人暮らしなので、会社から疲れて帰ってきた後にめっちゃ重宝してるんです(笑).

次の