メルスト ゴルド リッチ。 ゴールデンゴルドリッチキャンペーン開催について

ゴールデンゴルドリッチキャンペーン開催について

メルスト ゴルド リッチ

メルクストーリア メルスト の星1ユニットについて、いくつか質問があります。 ・星1ユニットは5回覚醒させてから待機所に預けるとゴルドが返ってくるので良い、と聞きました。 ゲットする度に預けるのでは意味ないのでしょうか?5回覚醒させる前にBOXが圧迫されます… ・それで返ってくるのゴルドは、普通にお別れするより多いのでしょうか?同じですか? ・クエスト中に仲間が助けに来てくれますが、星1ユニットがよく来ます…正直星2以上のユニットに来てもらいたいです。 それでも星1ユニットを取っておいたほうがいいでしょうか? 星2、3を狙って2000ゴルドスカウトを回して出てきた大量の星1ユニットをどうしたらいいのかわかりません…回答よろしくお願いします。 わかる範囲で回答します。 ゴルドと覚醒の数について。 返却ゴルドを気にした事がないので効率は不明ですが、1回1回手に入るたびにスカウトを中断して待機させてという作業は非常に面倒だと思います。 ウチのギルマスの話では100に満たないといけないそうですが、どっちが正しいのかは分かりません。 が、ゴルドスカウトしていればそのうち埋まりますのであまり気にする必要は無いと思います。 むしろ待機所のユニット上限枠が少なくなって来ますので。

次の

とりあえず日記(仮): メルスト14 ゴルド2倍ボーナス+マテリアルウィーク1.5倍

メルスト ゴルド リッチ

最初はたったの8個ですが、 これを6回繰り返し、各回15覚醒済みの ユニットが2体ずつ当たったとすると、 ダイヤは全部で48個戻ってくる 計算になります。 つまり、何が言いたいかというと ダイヤバックを使うのと使わないのでは 長期的に見るとダイヤの消費量に 大きな 差が出てくるということです。 そして、その準備としてゴルドを 大量に集める必要があります。 ただ、短期間で一気にゴルドを 集めるには、土日クエストで 元気の水やトトの呼び鈴を フルに使ってもかなり厳しいです。 ただ、何度もゴルドスカウトを 引くのは非常に面倒なので 時間がない方にはオススメできません。 ) 一方、ゴルドスカウトは10連で 2,000ゴルド使うので、 同じ200,000ゴルドでも 10連を100回引けます。 ゴルド効率の面でみると ゴルドスカウトの方が良いですが 10連ゴルドスカウトを100回引くのに 約30分程かかるため精神的に オススメできません。 ダイヤスカウトを引く 15覚醒したユニットが十分に 集まったらダイヤスカウトを 引きましょう。 ダイヤスカウトは入手したユニット 1体あたり、メダルも20枚ずつ 入手できるため、 これを再び覚醒の書と 交換して15覚醒のユニットを増やすと 効果的です。 ダイヤバックを準備する際の注意点 15覚醒させるためには 大量のゴルドが必要になるので あまりにスカウトを回しすぎると ユニットを強化するための ゴルドが なくなってしまいます。 そのため、 ユニットの育成途中の方は 無理にダイヤバックの 準備をしない方が良いです。 曜日クエストの周回といった ある程度、安定したパーティが 作れていない方は先にパーティの 育成に力を入れましょう。 また、15覚醒済みのユニットを 待機させてしまうと、 待機制限により 覚醒ランクが10まで引き下げられます。 また、一度ダイヤバック用のユニットを 作ると、なかなか待機させづらいため 所持ユニットの枠を圧迫する恐れが あります。 ダイヤバックのユニットを作るのは 良いですが、 所持ユニットの上限数には 十分注意しましょう。 まとめ:課金するのであればやっておくべき! ダイヤバックはダイヤスカウトでの ダイヤ消費を大きく抑えることが できるため、ダイヤスカウトを 定期的に利用する人であれば ぜひとも活用させたい機能です! 準備には大量のゴルドとメダルが 必要になりますが、この2つは メルストをプレイしていれば 自然に溜まっていきます。 しかし、ダイヤは課金しないと 数が集まらない貴重なアイテムなので ダイヤバックでその消費を節約できる というのは非常に大きな利点です。 目的のダイヤスカウトが登場してから 一から準備するのでは間に合わないので 必要であれば、早いうちに準備を 進めておくことをオススメします! ダイヤバックを活用させて メルストを一層楽しみましょう!! 以上、参考になれば嬉しいです。

次の

とりあえず日記(仮): メルスト14 ゴルド2倍ボーナス+マテリアルウィーク1.5倍

メルスト ゴルド リッチ

最初はたったの8個ですが、 これを6回繰り返し、各回15覚醒済みの ユニットが2体ずつ当たったとすると、 ダイヤは全部で48個戻ってくる 計算になります。 つまり、何が言いたいかというと ダイヤバックを使うのと使わないのでは 長期的に見るとダイヤの消費量に 大きな 差が出てくるということです。 そして、その準備としてゴルドを 大量に集める必要があります。 ただ、短期間で一気にゴルドを 集めるには、土日クエストで 元気の水やトトの呼び鈴を フルに使ってもかなり厳しいです。 ただ、何度もゴルドスカウトを 引くのは非常に面倒なので 時間がない方にはオススメできません。 ) 一方、ゴルドスカウトは10連で 2,000ゴルド使うので、 同じ200,000ゴルドでも 10連を100回引けます。 ゴルド効率の面でみると ゴルドスカウトの方が良いですが 10連ゴルドスカウトを100回引くのに 約30分程かかるため精神的に オススメできません。 ダイヤスカウトを引く 15覚醒したユニットが十分に 集まったらダイヤスカウトを 引きましょう。 ダイヤスカウトは入手したユニット 1体あたり、メダルも20枚ずつ 入手できるため、 これを再び覚醒の書と 交換して15覚醒のユニットを増やすと 効果的です。 ダイヤバックを準備する際の注意点 15覚醒させるためには 大量のゴルドが必要になるので あまりにスカウトを回しすぎると ユニットを強化するための ゴルドが なくなってしまいます。 そのため、 ユニットの育成途中の方は 無理にダイヤバックの 準備をしない方が良いです。 曜日クエストの周回といった ある程度、安定したパーティが 作れていない方は先にパーティの 育成に力を入れましょう。 また、15覚醒済みのユニットを 待機させてしまうと、 待機制限により 覚醒ランクが10まで引き下げられます。 また、一度ダイヤバック用のユニットを 作ると、なかなか待機させづらいため 所持ユニットの枠を圧迫する恐れが あります。 ダイヤバックのユニットを作るのは 良いですが、 所持ユニットの上限数には 十分注意しましょう。 まとめ:課金するのであればやっておくべき! ダイヤバックはダイヤスカウトでの ダイヤ消費を大きく抑えることが できるため、ダイヤスカウトを 定期的に利用する人であれば ぜひとも活用させたい機能です! 準備には大量のゴルドとメダルが 必要になりますが、この2つは メルストをプレイしていれば 自然に溜まっていきます。 しかし、ダイヤは課金しないと 数が集まらない貴重なアイテムなので ダイヤバックでその消費を節約できる というのは非常に大きな利点です。 目的のダイヤスカウトが登場してから 一から準備するのでは間に合わないので 必要であれば、早いうちに準備を 進めておくことをオススメします! ダイヤバックを活用させて メルストを一層楽しみましょう!! 以上、参考になれば嬉しいです。

次の